récolte

Contents

Capsule Cutter Bonne

カプセルカッター ボンヌ

使い方

初めてご使用になる前に

■梱包材を取り除き、[本体]以外の部品をよく洗ってください。
■ご使用前に必ずブレードカバーを外してください。
■この製品は、コンパクトなサイズですが、非常にパワフルです。慌てずに、しっかりと押さえて操作してください。
■使用する場所は、できるだけ滑りにくい水平な場所、濡れていない場所でご使用ください。
■使用前・使用後は必ず各部品の点検を行ってください。 ・[ブレード]の破損、刃こぼれ、ヒビ割れはありませんか? ・[シャフト]、シャフト内部が変形していたり、内部に異物が混入していたりしませんか? ・カップにヒビ割れや大きなキズはありませんか?

4枚刃ブレードの使い方

①:ブレードシャフトを持ち [ブレード]を[シャフト・ピン]にセットする

[カップ]を平らな場所に置き、[ブレード]をシャフト・ピンにセットします。

②:[カップ]に食材を入れる

※材料によって適切な分量が異なりますので取扱説明書14ページの表を参考にしてください。最大量を超えると動作不良や故障の原因となります。
カップのMAXの表示を超えないようにご注意ください。

③:[カバー]と[本体]をセットする

食材を入れた[カップ]に[カバー]と[本体]をセットし、電源プラグを差します。

④:本体をしっかり押さえプッシュボタンを押す

片方の手で[本体]をしっかりと支え、プッシュボタンを押して食材を撹拌します。材料を細かくしたり、なめらかにしたりしたいときは、プッシュボタンを押し続ける<連続プッシュ>を。かたい材料を加工するときの初動や材料を粗くしたいときには、1回1秒を目安に“押す” / “離す”を繰り返す<パルスプッシュ>を。

※使用時間は1分以内にする。短時間使用または連続作動でご使用になる場合でも、使用時間は1分以内にする。
※食材が偏ったり、ブレードやカップに材料がこびりつくなどした場合は、プッシュボタンから手を離し停止させ、カップを動かすか、カバーを取り外し、スパチュラなどで中央に寄せて、再度作動させてください。

⑤:中身を取り出す

撹拌が終わったら[ブレード]を外し、付属の[オリジナルスパチュラ]などを使って中身を取り出します。

おろしプレートの使い方

①:[シャフト]に[おろしプレート]をはめる

[シャフト]に[おろしプレート]の凹凸面を上にしてはめ、[カップ]にセットします。

②:①を[カップ]にセットする

[カップ]を平らな場所に置き、①をシャフト・ピンにセットします。

③:[カップ]に食材を入れる

①をセットした[カップ]に、食材を入れます。

④:[カバー]と[本体]をセットする

食材を入れた[カップ]に[カバー]をし、[本体]をセットしたら、電源プラグに差し込みます。

⑤:本体をしっかり押さえプッシュボタンを押す

片方の手で[本体]をしっかりと支え、プッシュボタンを押して食材を撹拌します。材料を細かくしたり、なめらかにしたりしたいときは、プッシュボタンを押し続ける<連続プッシュ>を。かたい材料を加工するときの初動や材料を粗くしたいときには、1回1秒を目安に“押す” / “離す”を繰り返す<パルスプッシュ>を。

※おろしプレートの使用時間は2分以内にする。短時間使用または連続作動でご使用になる場合でも、使用時間は2分以内にする。
※食材が偏ったり、ブレードやカップに材料がこびりつくなどした場合は、プッシュボタンから手を離し停止させ、カップを動かすか、カバーを取り外し、スパチュラなどで中央に寄せて、再度作動させてください。

⑥:中身を取り出す

撹拌が終わったら[カバー]、①を外し、付属の[オリジナルスパチュラ]などを使って中身を取り出します。

泡立てプレートの使い方

①:[シャフト]に[泡立てプレート]をはめる

[シャフト]に[泡立てプレート]を最後までしっかりはめ込み、[カップ]にセットします。

②:①を[カップ]にセットする

[カップ]を平らな場所に置き、①をシャフト・ピンにセットします。

③:[カップ]に食材を入れる

①をセットした[カップ]に、食材を入れます。

④:[カバー]と[本体]をセットする

食材を入れた[カップ]に[カバー]をし、[本体]をセットしたら、電源プラグに差し込みます。

 

⑤:本体をしっかり押さえプッシュボタンを押す

片方の手で[本体]をしっかりと支え、プッシュボタンを押して食材を撹拌します。

※泡立てプレートの使用時間は2分以内にする。短時間使用または連続作動でご使用になる場合でも、使用時間は2分以内にする。 ※食材が偏ったり、ブレードやカップに材料がこびりつくなどした場合は、プッシュボタンから手を離し停止させ、カップを動かすか、カバーを取り外し、スパチュラなどで中央に寄せて、再度作動させてください。

 

⑥:中身を取り出す

撹拌が終わったら[カバー]、①を外し、付属の[オリジナルスパチュラ]などを使って中身を取り出します。

使用後のお手入れ
【水洗いできるもの】

カップ/カバー/シリコンパッキン/軸受け/おろしプレート/泡立てプレート/シャフト
台所用中性洗剤を含ませたスポンジ等で洗い、よくすすいだ後、乾いた布で水気をとってください。

ブレード
ブレード・シャフトを持って、ブラシなどで洗います。サビのおそれもありますので、よく水切りをし、充分に乾燥させてください。

【水洗いできないもの】

本体(含む電源プラグ、コード)
台所用中性洗剤を含ませたスポンジや、乾いた布で拭いてください。
※お手入れをする際は必ず電源プラグをコンセントから抜いて、各パーツが充分に冷えてから行ってください。

使用上のご注意
  • 使用時間は1分以内にする。短時間使用または連続作動でご使用になる場合でも、使用時間は1分以内にする。
    ※おろしプレート、泡立てプレート使用時は2分以内
  • 1分を超えて使用すると、モーターやブレードの回転部が過熱し、故障の原因になります。次の使用までに10分以上の十分な冷却時間をとってください。また、水分の少ない食材は運転時間を10秒以内にし、中の様子を確認しながらご使用ください。
  • フローズンデザートを作る時や、氷を砕く時は、4cm角以下の氷を使用する(シャフトとカップの壁までの空間の径が約4cmのため)。1回に入れる氷の数は、カップのMAX印以下にし、パルスプッシュを断続的に繰り返す。かたい材料を入れた時は、ブレードが破損することがあります。ブレードを外した時に破損がないことを確認し、もし破損が見つかった場合は調理した物を食べないでください。
  • 熱い材料を入れない。破損、やけどの原因になる恐れがあります。火を通した材料は、40℃以下まで十分に冷ましてください。
  • 電子レンジや食器乾燥機、食器洗い乾燥機に入れない。変形、故障の原因になります。
  • 動作中は移動させない。けがの原因になります。
  • カップのMAXの表示を超えないように注意する。
  • 刃が曲がったり、破損した場合は使用しない。刃は研がない。
  • ねじれが戻らなくなった電源コードは使わない。感電、ショートの原因になります。

INFORMATION

Product
製品情報/Capsule Cutter Bonne[カプセルカッター ボンヌ]
新商品[カプセルカッター ボンヌ]のプロダクトページを公開しました。
Product
製品情報/Capsule Cutter Bonne[カプセルカッター ボンヌ]
大根おろしやメレンゲもできる1台7役の“お手伝い”フードプロセッサー[カプセルカッター ボンヌ]が登場します。

インフォメーション一覧へ

Back to Top

Share!
  • Facebook
  • Twitter