• カラー:レッド

  • カラー:ブラック

Grind & Drip Coffee Maker FIKA

挽きたての豆で本格的なドリップコーヒーが1杯から4杯まで楽しめる、ミル内蔵の全自動コーヒーメーカー。フラットカッター式ミルでコーヒー豆を均一性のある中細挽きの粉に仕上げ、さらに、「蒸らし」機能により味や香りを引き立たせます。全自動でありながら本体はB5サイズに収まるコンパクト設計。スタイリッシュな3色からお選びいただけます。

仕様

商品名
Grind & Drip Coffee Maker FIKA
(グラインド & ドリップコーヒーメーカー フィーカ)
カラー/品番
Red レッド RGD-1(R)
Black ブラック RGD-1(BK)
セット内容
  • 本体 (フタ装着時)
  • フタ
  • フラットカッター式ミル
  • フィルターホルダー
  • パーマネントフィルター
  • ガラスポット
  • 計量スプーン
  • 掃除ブラシ
消費電力
コーヒーメーカー/ 600W ミル/ 120W
定格電圧
100V 50/60Hz
サイズ
本体(ガラスポットセット時):約 幅17.5 × 奥行28.0 × 高さ29.5cm
重量
約2.5kg
材質
本体:PP、ステンレス
ガラスポット:PP、ガラス
定格時間
ミル/ 70 秒
最大容量
560ml(コーヒーカップ4 杯分)
メーカー希望小売価格
¥13,200(税込)

Feature

01

豆からでも粉からでも、
セットしてボタンを押すだけ

コーヒー豆、コーヒー粉、どちらからでも自動でおいしいドリップコーヒーがいれられます。豆または粉と水を入れたらボタンを押すだけの簡単操作で、1~4杯のコーヒーをお楽しみいただけます。

【電源ボタン】を押し、コーヒー豆の場合は【豆マークのボタン】を、粉コーヒーの場合は一番右の【粉のマーク】のボタンを押すと全自動でコーヒーができあがります。
※詳細は使い方ページ参照。

02

豆を均一に挽き、
雑味を抑える「フラットカッター式」を採用

フラットカッター式ミルはプロペラ式ミルに比べて、豆を挽く際の摩擦熱が少なく、切り刻むように挽いて均一性のある粒に仕上げることができます。雑味を抑えた、コーヒー本来の味や香りを存分に出せるミルです。

フラットカッター式のミル

挽く前
挽いた後(中細挽き)

03

コーヒーの味わいを深める「蒸らし機能」

最初にしっかり蒸らすことで、コーヒー本来のおいしさを抽出。お湯を注いだ時、コーヒーの粉がふくらむ様子を「花が開く」という意味の「ブルーム」と呼びます。[グラインド & ドリップコーヒーメーカー フィーカ]では、この「蒸らし機能」を備えることで、味わい深くおいしいコーヒーが淹れられるようになりました。

蒸らし工程(ブルーム)イメージ

はじめにコーヒー粉全体に湯を含ませしっかり蒸らすことで、コーヒーの油脂分とお湯がなじみやすくなり、コーヒー豆本来のおいしさを十分に抽出できるようになります。

04

置き場所に困らないコンパクトサイズ

B5サイズ※のスペースに置ける省スペース設計。キッチンやリビングに置きやすいコンパクトサイズです。
※[ガラスポット]の持ち手は含みません。

05

[本体]以外は丸洗いOK。いつでも清潔

[ガラスポット]のほか、[フタ][パーマネントフィルター][ミル][フィルターホルダー]も分解して丸ごと洗えるのでいつでも清潔に使え、コーヒーの味や香りを損ないません。

❶[フタ] ❷[パーマネントフィルター] ❸[ミル] ❹[フィルターホルダー]

[フィルターホルダー]ごと取り外しが可能。
パーツは全てまるごと水洗いできます。

使用したら洗って乾かします。

06

ペーパーフィルターいらずで経済的

洗って繰り返し使える[パーマネントフィルター]を採用。ペーパーフィルターは必要はありません。

07

消し忘れの心配がない「自動オフ機能」

スイッチを入れてから約40分後、自動オフになります。忙しい朝でも自分のタイミングで温かくておいしいコーヒーが飲め、自動で電源が切れるため、消し忘れの心配はありません。

08

専用の[掃除ブラシ]とスタンド付き

専用の[掃除ブラシ]を[本体]のブラシスタンドにセットできるので、紛失防止に便利。

How to use

はじめてご使用になる前に

■部品の洗浄 :付属品や取り外しが可能な部品を洗浄して、よく乾燥させてください。

■湯通し(内部の洗浄): 以下の①〜⑨の使用手順を参照しながら、コーヒー豆(粉)を使わずに以下の手順で湯通しをして、内部の洗浄を行ってください。
・[ウォータータンク]に水を入れます(MAXの位置まで)。
・[パーマネントフィルター][フィルターホルダー][ミル]を本体にセットします。
・コーヒー豆(粉)を入れずに[フタ]を閉じ、[ガラスポット]を保温プレートに載せます。
・コンセントに電源プラグを差し、電源スイッチをONにし、粉モードボタンを押します。
・お湯のみでドリップをします。[ガラスポット]のお湯を捨てながら2~3回ドリップを繰り返します。

01

[フィルターホルダー]に[ミル]と
[パーマネントフィルター]をセットする

※[ミル]は「LOCK」と書いてある方向(時計回り)に回してロックします。

02

[本体]に①をセットする

①を本体に入れ、時計回りに回してカチッと音がするまで回し、しっかりと取りつけてください。
※確実に取り付けられていないと、[フタ]がはまりません。

03

[ウォータータンク]に水を注ぐ

[ウォータータンク]のフタを開け、水位窓を確認しながら、必要な量の水を入れます。

04

[ガラスポット]をセットする

[ガラスポット]を保温プレートの上にセットします。

05-1

「コーヒー豆を使う場合」

[ミル]がロックされているのを確認します。確認したら、付属の[計量スプーン]で、コーヒー豆を入れます。分量は下記を参照してください。コーヒー豆はできるだけ平らにならします。

・1カップのコーヒーの場合、計量スプーン4杯(約16g)
・2カップのコーヒーの場合、計量スプーン5杯(約20g)
・3カップのコーヒーの場合、計量スプーン6杯(約24g)
・4カップのコーヒーの場合、計量スプーン8杯(約32g)

05-2

「コーヒー粉を使う場合」

[ミル]がロックされているのを確認します。確認したら、[パーマネントフィルター]のフタを開け、付属の[計量スプーン]で、コーヒー粉を入れます。分量は下記を参照してください。コーヒー粉全体をできるだけ平らにならして[パーマネントフィルター]のフタを閉じてください。

・1カップのコーヒーの場合、計量スプーン4杯(約16g)
・2カップのコーヒーの場合、計量スプーン5杯(約20g)
・3カップのコーヒーの場合、計量スプーン6杯(約24g)
・4カップのコーヒーの場合、計量スプーン8杯(約32g)

06

[本体]の[フタ]を閉める

[フタ]は蒸気口を手前にして真下にはめ込んで閉めます。
※[フタ]が確実に閉まっていないと電源が入りません。

07

【電源ボタン】をON

電源プラグをコンセントに差し込んでください。
手順1: 【電源ボタン】が2回点滅して消えます。
手順2: 【電源ボタン】をONにします。【電源ボタン】が点滅します。

08

ドリップボタンを選ぶ

【電源ボタン】が点滅したら、セットしたコーヒー豆またはコーヒー粉に適したモードのボタンを押します。
コーヒー豆の場合は量によって豆のイラストの【豆モード(1~2杯)ボタン】、【豆モード(3~4杯)ボタン】のどちらか、コーヒー粉の場合は粉のイラストの【粉モードボタン】を選びます。

08-1

「コーヒー豆を使う場合」

・コーヒー1~2杯をいれる場合:【豆モード(1~2杯)ボタン】を押す。

・コーヒー3~4杯をいれる場合:【豆モード(3~4杯)ボタン】を押す。

※右写真はコーヒー1~2杯をいれる場合です。

08-2

「コーヒー粉を使う場合」

【粉モードボタン】を押す。

09

できあがり

選んだモードのボタンの点灯が消えたらドリップの終了です。
ドリップ開始から40分間後に電源がオフになり保温が終了します。

使用後のお手入れ

使用後のお手入れ1

[フタ]を取って、[フィルターホルダー]を[本体]からはずします。
[フタ]をはずした状態で、[フィルターホルダー]を反時計回りに回転させるとはずれます。

使用後のお手入れ2

[フィルターホルダー]の[ミル]をはめ込む部分に残った粉を、付属の[掃除ブラシ]で取り除きます。[パーマネントフィルター]の中の粉も捨てます。

使用後のお手入れ3

[フィルターホルダー]中央の穴部分にもコーヒーの粉が残りやすいので、付属の[掃除ブラシ]を使用して内側に残った粉をかき出します。

使用後のお手入れ4

粉の残りがないように[本体]以外のパーツを洗います。

使用後のお手入れ5

お手入れ後はすべてのパーツが完全に乾燥してからご使用ください。

お手入れ【内部洗浄】

水アカなどでお湯の出方が悪くなったときには、水とクエン酸が3:1の割合になるようにクエン酸水溶液を作り、コーヒー豆や粉を入れずに通常の手順で2カップ分のドリップを行ってください。これを汚れの程度に応じて数回繰り返し、最後に水だけで同じようにドリップしてすすぎます。
※必ず本体が冷めるまで時間を空けてから、次のドリップを行ってください。

Follow us