• カラー:シルバー

  • カラー:ブラック/EC限定

Grind & Brew Coffee Maker

ハイグレードなコーン式ミルを内蔵し、豆から挽きたての極上ドリップコーヒーが楽しめる全自動コーヒーメーカー。豆の挽き目も抽出濃度も調節できるので、自分好みの味わいにカスタマイズできます。コンパクトサイズでも、おいしいコーヒーを手軽に楽しむための機能が満載です。

仕様

商品名
Grind & Brew Coffee Maker
(コーン式全自動コーヒーメーカー)
カラー/品番
Silver シルバー RCD-1(S)
Black ブラック:EC限定 RCD-1(BK)
セット内容
  • 本体
  • クリーニングブラシ
  • フィルターホルダー
  • ガラスポット(カラフェ)
消費電力
コーヒーメーカー/730W ミル/100W
定格電圧
AC 100V 50/60Hz
サイズ
本体:約 幅15.0 × 奥行30.0 × 高さ34.5cm
重量
約3.4kg
材質
本体:ABS樹脂、ステンレス
ガラスポット:PP、ガラス
定格時間(ミル)
20秒
豆タンク容量
約60g(深煎り豆時)
最大使用水量
約560ml
メーカー希望小売価格
¥22,000(税込)

Feature

01

全自動でもコンパクト!
挽きたてのドリップコーヒーが楽しめる

豆と水を入れたら、豆の計量からドリップまで全自動。挽きたてのコーヒーが4杯までいれられます。設置スペースはB5サイズとほぼ同等で、全自動コーヒーメーカーとしては、コンパクトサイズ!

スペースの限られたスモールキッチンやサイドテーブルに置きやすいコンパクト設計。

豆から挽いていれる【豆モード】だけでなく、粉からいれる【粉モード】も。
設置面積は、B5サイズとほぼ同等(※[ガラスポット(カラフェ)]の持ち手は含まれません)。
おいしさを左右する蒸らし時間は、カップ数に合わせて最適にコントロール(【豆モード】)。
カップ数や抽出濃度を設定すると豆を自動で計量(【豆モード】)。[豆タンク]には一度に60g(深煎り豆の場合。約8杯分)まで豆が入れられます。
操作はスマートなタッチパネル式。
[ガラスポット(カラフェ)]は、抽出したコーヒーをストローで落とす仕組み。[保温プレート]に近いので熱が逃げにくく、ガラスポット内をコーヒーが対流する設計なので、味にムラのない均一なコーヒーが楽しめます。

02

挽き方にもこだわり。
ハイグレードなコーン式ミルを採用

コーヒーの味は豆の挽き加減によって大きく変わります。内蔵のミルは、家庭用コーヒーグラインダーの中でもグレードの高いコーン式ミル。挽き方にもこだわりました。

低速回転でコーヒー豆の味を損なわず、粒度が均一に挽けるので、雑味をおさえたおいしいコーヒーがいれられます。

03

挽き目も濃度感も
20通りから自分好みにカスタマイズ

自分で選んだ豆の種類や焙煎度合いに合わせ、細挽きから極粗挽きまで挽き目(粒度)を微調整できます。さらに好みの濃度感になるよう豆の量を5段階に増減できる【豆量ボタン】も搭載。自分の好みやその日の気分によってカスタマイズする楽しさも!

朝は濃い目で目覚めばっちり
(オススメ:【ミルダイヤル】粒度→中挽き、【豆量ボタン】濃度→+1)
食後はスッキリと
(オススメ:【ミルダイヤル】粒度→極粗挽き、【豆量ボタン】濃度→−1)
スイーツに合わせてコクを出して
(オススメ:【ミルダイヤル】粒度→細挽き、【豆量ボタン】濃度→−2)
寝る前は風味を楽しんで
(オススメ:【ミルダイヤル】粒度→中挽き、【豆量ボタン】濃度→0)

04

飲みたい時間にスタンバイ
タイマー機能付き

「タイマー(予約)機能」付きなので、設定した時間に自動で電源ON! おいしいコーヒーが楽しめます。ドリップ後の「保温の有り/無し」も選択可能。保温は20分経過したら自動で電源OFF。消し忘れの心配もありません。

「タイマー機能」を使えば、忙しい朝でも挽きたてのコーヒーがいれられます。

05

毎日使うものだから、お手入れ簡単

[本体]内部に残った古いコーヒー粉は【cleanモード】で排出できるので、いつでも新鮮なコーヒーが楽しめます。

細かいコーヒー粉のお手入れに便利な[クリーニングブラシ]が付属。

[ウォータータンク]まで、本体から取り外して洗えるのでお手入れもしやすい!

How to use

はじめてご使用になる前に

[ウォータータンク]、[フィルターホルダー]、[ガラスポット]を取り外し、やわらかいスポンジで台所用中性洗剤を使用して水洗いし、よく乾かします。

■ はじめてお使いになるときや長期間お使いにならなかったときは、[本体]内部を洗浄してください。

《 内部洗浄のしかた 》
①[ウォータータンク]の4カップの目盛まで水を入れふたをして、[本体]にセットします。
②[電源プラグ]を電源コンセントに差し込み、【電源ボタン】を押します。
③【豆・粉選択ボタン】を押して「粉モード・保温無し(non-keep warm)」を選び、【スタートボタン】を押します。
④[ガラスポット]に溜まったお湯を捨てます。
⑤ ①〜④を1、2回繰り返してください。

〈 時計(現在時刻)を設定する 〉

「時」と「分」を設定する

①【h/minボタン】を長押しします。
②【h/minボタン】を押して「時」を合わせ、【タイマーボタン】を押して決定します。
③【h/minボタン】を押して「分」を合わせ、【タイマーボタン】を押して決定します。

※【h/minボタン】を長押しすると早送りできます。
※現在時刻、タイマー時刻は 24 時間表示です。
※時計を設定しないと「タイマー機能」は使用できません。
※時計を設定しなくても、コーヒーのドリップ(抽出)はできます。
※[電源プラグ]を抜くと時計はリセットされます。

〈「豆から」コーヒーをいれる 〉

01

[フィルターホルダー]に
ペーパーフィルターを入れ、
[本体]にセットする

※ペーパーフィルターは別売です。

市販のペーパーフィルター「2~4 カップ」用(「1×2」や「102」など)をご使用ください。

02

[ガラスポット]をセットする

[保温プレート]のくぼみに[ガラスポット]がずれないようセットします。

03

[ウォータータンク]に水を入れ、
[本体]にセットする

[ウォータータンク]を取り外し、飲みたいカップ数分の水を入れてふたをし、[本体]にセットします。

※[ウォータータンク]が[本体]に対して、ずれていないか必ず確認してください。

04

[豆タンク]にコーヒー豆を入れ、
[ミルダイヤル]の▼を
お好みの挽き目(粒度)に合わせて
ふたをする

05

【電源ボタン】を押し、
【豆・粉選択ボタン】を押して
【豆モード】を選ぶ

【豆・粉選択ボタン】を押して【豆モード】、または【豆モード +non-keep warm】を選びます。

・豆モード(保温あり):ドリップ(抽出)終了後、約20分間保温。
・豆モード+non-keep warm(保温なし):ドリップ(抽出)終了後、保温機能は働きません。

06

【カップ数ボタン】を押して1杯~4杯を選ぶ

07

【豆量ボタン】を押して、
挽く豆の量(抽出濃度)をお好みに合わせて調節する

・+2: 20%増量
・+1: 10%増量
・0: 増減なし
・−1: 10%減量
・−2: 20%減量

08

【スタートボタン】を押し、
グラインド〜ドリップ(抽出)を開始する

【スタートボタン】を押すと、grindランプが点滅します。[ゲート]が[粉出し口]側に開き、コーヒー豆を挽きます。
豆を挽いた後はbrewランプが点滅し、「蒸らし」工程(約20秒間)の後、ドリップ(抽出)を開始します。

※コーヒー豆を挽いているとき、バリバリと音がしますが、異常ではありません。

09

ドリップ(抽出)が終了すると、
アラームが鳴り、できあがり

ドリップ(抽出)が終了すると、アラームが5回鳴ります。
[ガラスポット]をゆっくり引き出し、コーヒーをカップに注ぎ、コーヒーをお楽しみください。
コーヒーはいれたてが最もおいしくなります。よりおいしくコーヒーをお飲みいただくために、ドリップ(抽出)後20分以内にお飲みいただくことをおすすめします。

〈「粉から」コーヒーをいれる 〉

01

[ガラスポット]をセットする

[保温プレート]のくぼみに[ガラスポット]がずれないようセットします。

02

[ウォータータンク]に水を入れ、
[本体]にセットする

[ウォータータンク]を取り外し、飲みたいカップ数分の水を入れてふたをし、[本体]にセットします。

※[ウォータータンク]が[本体]に対して、ずれていないか必ず確認してください。

03

ペーパーフィルターに
飲みたい分のコーヒー粉を入れる

[フィルターホルダー]を手前に引き、ペーパーフィルターを入れ、飲みたい分のコーヒー粉を入れてから、元に戻します。

1カップ:約8g/2カップ:約16g/3カップ:約25g/4カップ:約30g (深煎りの場合の目分量)

※ペーパーフィルターは別売です。

市販のペーパーフィルター「2~4 カップ」用(「1×2」や「102」など)のものをご使用ください。

04

【電源ボタン】を押し、
【豆・粉選択ボタン】を押して
【粉モード】を選ぶ

【豆・粉選択ボタン】を押して【粉モード】、または【粉モード+non-keep warm】を選びます。

・粉モード(保温あり):ドリップ(抽出)終了後、約20分間保温。
・粉モード+non-keep warm(保温なし):ドリップ(抽出)終了後、保温機能は働きません。

05

【スタートボタン】を押して
ドリップ(抽出)を開始する

【スタートボタン】を押すと、brewランプが点滅します。「蒸らし」工程(約 25 秒間)の後、ドリップ(抽出)を開始します。

06

ドリップ(抽出)が終了すると、
アラームが鳴り、できあがり

ドリップ(抽出)が終了すると、アラームが5回鳴ります。
[ガラスポット]をゆっくり引き出し、コーヒーをカップに注ぎ、コーヒーをお楽しみください。
コーヒーはいれたてが最もおいしくなります。よりおいしくコーヒーをお飲みいただくために、ドリップ(抽出)後20分以内にお飲みいただくことをおすすめします。

〈 「タイマー(予約)」を設定する 〉

01

時計を設定し、
「豆からコーヒーをいれる」の⑦まで、
または
「粉からコーヒーをいれる」の④までを行う

【スタートボタン】を押す前までの手順で準備します。

※時計を設定しないとタイマー(予約)を設定できません。

02

「タイマー表示」で「時」と「分」を設定する

①【タイマーボタン】を押すと「タイマー表示」の「時」が点滅します。
②【h/minボタン】を押して「時」を合わせ、【タイマーボタン】を押して決定します。
③【h/minボタン】を押して「分」を合わせ、【タイマーボタン】を押して決定します。

※ボタンを長押しすると早送りできます。

03

【スタートボタン】を押して
「タイマー(予約)」を設定する

予約中は、タイマー表示の「:」が点滅し、【タイマーボタン】のランプが点滅します。
予約時刻になると、自動で設定したメニューを開始します。

※中止したいときは、【電源ボタン】を押してください。

※一度予約時刻を設定すると、次回【タイマーボタン】を押したときに前回に設定した予約時刻が表示されます。

ご使用後のお手入れ

※お手入れは必ず[本体]が十分に冷めてから、[電源プラグ]を電源コンセントから抜いた状態で行ってください。
※[電源プラグ]を電源コンセントから抜くと、時計(現在時刻)はリセットされます。再度時計を設定してください。

■[本体]

[本体]の汚れは、柔らかい布に水を含ませ、かたく絞ってから汚れなどを拭き取ってください。
汚れがひどいときは、台所用中性洗剤を薄めた水やぬるま湯にやわらかい布などを浸し、固くしぼってから拭きます。仕上げに水に浸したやわらかい布を固く絞り、洗剤分を十分に拭き取ってください。

■【水洗い可】[ガラスポット]・[豆タンクふた]・
[ウォータータンク]・[ウォータータンクふた]・[フィルターフォルダー]

[ガラスポット]・[豆タンクふた]・[ウォータータンク]・[ウォータータンクふた]・[フィルターフォルダー]は、全て水洗いできます。

台所用中性洗剤を薄めた水やぬるま湯で、付属の[クリーニングブラシ]や、柔らかいスポンジなどを使用し、洗ってください。水洗いした後は水でよくすすぎ、乾いた布で水分を拭き取り十分に乾かしてください。

【cleanモード】を使ったお手入れ

■[ミル]内部、[ゲート]付近

【clean モード】を使うと、[本体]内部に溜まったコーヒー豆・コーヒー粉を出すことができます。月に1回程度、本体内部を掃除することをおすすめします。

①[ガラスポット]、[フィルターホルダー]を[本体]から取り外します。
②[豆タンク]に残っているコーヒー豆を取り除きます。
③[電源プラグ]を電源コンセントに差し込みます。
④[保温プレート]にペーパータオルやティッシュなどをかぶせます。
⑤電源オフ(待機状態)で、[スタートボタン]を3秒以上長押しすると、自動で[ゲート]が移動し、[粉出し口]側が開いた後、[ミル]が回転してコーヒー粉を排出します。
⑥[クリーニングブラシ]で[ゲート]付近や[本体]内部に残っている粉を取り除きます。
⑦お手入れが終ったら、電源ボタンを3秒長押しします。

Follow us