• カラー:ブラック

Coffee Grinder

自宅で簡単&スピーディーにコーヒー豆がおいしく挽ける電動グラインダー。ミルは挽き目(粒度)が均一で、豆本来の味や香りを引き出せるステンレス製のフラットカッター式ミルを採用。粒度も豆量も無段階のダイヤル式で調節できるので、自分好みの味にカスタムできます。

仕様

商品名
Coffee Grinder(コーヒーグラインダー)
カラー/品番
Black ブラック RCM-2
セット内容
  • 本体
  • ホッパー
  • ホッパーカバー
  • ミル
  • コンテナ
  • コンテナカバー
  • クリーニングブラシ
消費電力
150W
定格電圧
AC 100V 50/60Hz
サイズ
本体(収納時):約 幅18.2× 奥行13.3× 高さ17.8cm
  (使用時):約 幅18.2× 奥行13.3× 高さ25.0cm
重量
約1.1kg
材質
本体:ABS樹脂、PP、ステンレス
ホッパー、コンテナ:AS樹脂
容量
約100g(深煎り豆時)
定格時間
55秒
メーカー希望小売価格
¥6,600(税込)

Feature

01

均一に豆が挽ける
フラットカッター式ミルを採用

ミルはフラットカッター式を採用。平行に並んだ一対の刃の噛み合わせで切り刻むようにコーヒー豆を粉砕し、安価なプロペラ式ミルなどと比べて挽き目(粒度)のバラつきを抑えた均一な仕上がりになるため、コーヒー本来の味や香りを存分に引き出します。

丈夫なステンレス製のフラットカッター式ミル。

02

自分好みの挽き目&分量にカスタム可能

挽き目(粒度)も豆量も無段階のダイヤル式で調節できるので、自分好みの味にカスタムできます。自動計量で設定したカップ数分を挽き終わると自動でストップ。自分で計量する手間がなく、1カップ分あたり約10秒とスピーディー!

コーヒー豆の種類や焙煎度合い、抽出方法に合わせて挽き目(粒度)を細かく調節できます。

【挽き目ダイヤル】を回し、挽き目(粒度)を粗挽きから細挽きまで無段階で設定できます。
豆を挽く分量も【カップ数ダイヤル】で1カップ分から8カップ分まで無段階にカスタム可能。好みの濃度感に微調整できます。中央の【スタートボタン】を押せば豆挽きがスタートします。

03

スッキリ収納しやすい設計

[ホッパー]と[ミル]は取り外して[コンテナ]内に収納可能。使わない時はコンパクトにしまえる点も魅力です。

[ホッパー]と[ミル]は取り外して[コンテナ]内に収納可能。使わない時はコンパクトにしまえる点も魅力です。

04

毎日使うものだから
お手入れも簡単に

[ミル]以外のパーツは[本体]から取り外して水洗いできます。

[ミル]も[本体]から外し、付属の[クリーニングブラシ]できれいにお手入れできます。

How to use

01

はじめてご使用になる前に

はじめてお使いになるときや長時間お使いにならなかったときは、[本体][ミル]以外のパーツを水洗いしてからお使いください。

■ [本体]から[コンテナ]を取り外し、[ホッパーカバー]、[ホッパー]、[ミル]を取り出します。
■ [ホッパーカバー]、[ホッパー]、[コンテナカバー]、[コンテナ]を水洗いします。
※やわらかいスポンジで台所用中性洗剤を使用して洗います。洗った後は水でよくすすぎ、乾いた布で水分を拭き取り、十分に乾燥させてください。

02

[ミル]を取り付ける

[ミル]の凹部を[ミル受け部]の凸部に合わせ、差し込み、[ミル]を反時計方向に止まるまで、しっかりと回し固定します。
※[ミル]が[本体]にカチッと止まるまで回します。

03

[ホッパー]を取り付ける

[ホッパー]の凹部を[本体]の凸部に合わせ、差し込みます。[ホッパー]を反時計方向に、止まるまで、しっかりと回し固定します。

04

[コンテナ]を取り付ける

[コンテナ]に[コンテナカバー]でふたをし、[本体]にセットします。

〈 豆の挽き方 〉

コーヒー豆を入れる

[ホッパー]にコーヒー豆を適量入れ、 [ホッパーカバー]でふたをする
※[ホッパー]に入れられるコーヒー豆の最大量は約100g(深煎り豆の場合)です。

【挽き目ダイヤル】を設定する

お好みのコーヒー豆の挽き目(粒度)に【挽き目ダイヤル】を合わせます。

豆の種類や焙煎度合、道具や飲み方などに合わせて調整してください。

【カップ数ダイヤル】を設定する

必要なカップ数の目盛まで 【カップ数ダイヤル】を回し、豆を挽く量を決めます(目盛は目安です) 。

【スタートボタン】を押す

[ランプ]が点灯に変わり、豆を挽き始めます。[ホッパー]内のコーヒー豆が挽かれて、[カップ数ダイヤル]で設定したカップ数分のコーヒー粉が[コンテナ]に溜まります。コーヒーを挽き終わると、自動で停止します。

終了後、[コンテナ]を[本体]から取り出す

[本体]を軽くたたき[コンテナ]内にコーヒー粉を落としてから、[コンテナ]を[本体]から引き出してください。

※静電気などでコーヒー粉が[本体]に付着したり、飛び散ったりする場合があるのでご注意ください。

ご使用後のお手入れ

※お手入れの際には必ず[電源プラグ]をコンセントから抜いてください。
※食器洗い乾燥機・食器乾燥機は使用しないでください。
※[ミル]および[ミル受け部]は水洗いしないでください。

◼︎[ホッパーカバー]・[ホッパー]・[コンテナカバー]・[コンテナ]

水洗いが可能です。付着しているほこりやコーヒー粉を落とし、やわらかいスポンジで台所用中性洗剤を使用して洗います。洗った後は水でよくすすぎ乾いた布で水分を抜き取り、十分に乾燥させてください。

 

◼︎[本体]

[本体]は乾いた柔らかい布で汚れをふき取ってください。

[本体]の[粉出し口]に残った粉は、付属の[クリーニングブラシ]で取り除いてください。

◼︎[ミル]・[ミル受け部]

[ミル]と[ミル受け部]に残った粉は、付属の[クリーニングブラシ]で取り除いてください。

※[ミル]および[ミル受け部]は水洗いしないでください。

Follow us