Smart Kettle

スマートケトル

特長

Feature 01

SUITABLE

温度で変わるお茶のおいしさ

お気に入りのコーヒーも、こだわりの茶葉も、抽出に最適な温度はそれぞれ違うもの。コーヒー、紅茶、ほうじ茶、煎茶…それぞれの適温で淹れた一杯のおいしさは格別です。[スマートケトル]で、とっておきのティータイム、コーヒーブレイクをお楽しみください。。

  • 豆の種類や好みによって、淹れる適温も変わるのがコーヒーの世界。一般的には高温で素早く淹れると苦みや酸味などコーヒー豆の味が濃く抽出され、低温でじっくり抽出すると甘みとコクが強いマイルドな味わいになります。

  • 紅茶は、湯の中で茶葉が上下に動く「ジャンピング」によって、華やかな香りや色、すっきりとした渋みなど、紅茶らしい持ち味が引き出されると言われています。ボコボコと沸騰する直前の「95℃」で淹れるのが理想的。

  • 旨味と渋み、香りのバランスを重視する日本茶。渋みを抑えて旨味を引き出したい玉露は低温でじっくりと、香りを立たせたいほうじ茶は高温で芳ばしく。一般的な緑茶(煎茶)はやや高温で淹れることでバランスよく抽出できます。

    ※コーヒー、紅茶、日本茶を淹れる適温には諸説あります。ご自身のもっともおいしいと感じる温度を見つけて、お愉しみください。

Feature 02

SMART

5℃ずつ温度設定+自動保温

50〜100℃の間で5℃ずつ温度が設定でき、設定温度になったらアラーム音でお知らせ。その後自動でスイッチがオフになり、保温に切り替わるので安心です。保温モードになったら、設定温度を30分間キープしてくれるから、おかわりが飲みたい時にもすぐに淹れられます。

  • 温度がひと目でわかる、便利なディスプレイ付き操作パネル付き。

  • 操作方法も簡単。ディスプレイに50〜100℃の間で5℃刻みで表示されるので、お好みの温度を設定するだけ。

  • 加熱・保温中は、湯温を1℃刻みで表示(30〜100℃の範囲)されるので、ひと目で今の温度がわかって便利!

  • 設定温度になると自動で保温に切り替わり、約30分後に自動で電源OFF(スイッチでいつでもOFFにできます)。50〜90℃に設定した場合、設定温度で保温。95℃または100℃に設定した場合、90℃で保温します。

Feature 03

USEFUL

使いやすい設計

毎日使うものだから、使いやすさを重視しました。ケトル本体は、丈夫でニオイ移りしにくいステンレス製。コードレスなので持ち運びやすく、注ぐのもラク。お手入れも簡単です。す。

  • お手入れしやすい大きな開口。

  • 沸騰時の吹き出しをおさえ、注ぐ湯量をコントロールしやすいメッシュ付きの注ぎ口。

  • 水量の上限(MAX)・下限(MIN)がわかるライン付き。

  • 幅 20.0 × 奥行14.0 × 高さ21.5 cmとコンパクトサイズで、最大容量は1リットル。

INFORMATION

Product
製品情報/Smart Kettle(スマートケトル)
温度設定+自動保温機能付きのスマートケトル

インフォメーション一覧へ

Back to Top

Share!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+