料理家 村山 由紀子さん

キレイを導く菌活レシピ<全4回>

しとしと、じめじめな梅雨の季節、家でのんびり過ごしたい。そんな時こそ、“美活”チャンス! おいしい料理でカラダを内側からメンテナンスして、憂鬱な気分を吹き飛ばし、心もカラダも前向きにしちゃいましょう。そこで今月は、腸内環境を整えてくれる発酵食品をフィーチャー。乳酸菌豊富な「キムチ」、日本のスーパーフード「みそ」、“飲む点滴”とも呼ばれる「甘酒」を使ったレシピをご紹介します。美肌やエイジングケア、ダイエットにも効果が期待できる食材を使った“菌活レシピ”で、夏のキレイと健康を手に入れて!

手作りスタミナドレッシングのサラダ和え麺

スタミナが欲しい季節。そんなときにおすすめしたいのがスタミナドレッシングの冷たいサラダ和え麺! 食欲がわかないようなときでもさっぱり食べられるから箸がすすみます。にんにくとみそをたっぷり使ったドレッシングは、材料を[カプセルカッター キャトル]で撹拌するだけ。ドレッシングが完成したら、蒸し鶏サラダののっけ麺にかけていただきます。スタミナたっぷりでコクのあるドレッシングは、他にも、しゃぶしゃぶサラダにかけたり、炒めたひき肉とあえて肉みそ風にしたり、麺つゆで伸ばしてそうめんのつけダレに…と、いろいろな料理に使える万能ドレッシングです!

(2人分)

材料

分量

下準備・メモ

【ドレッシング】
(作りやすい分量) 
 
にんにく
1玉(正味50g)
皮をむく
みそ
150g
 
はちみつ
50g
 
甜麺醤
小さじ2/3(15g)
 
120ml(120g)
 
ごま油
100ml(100g)
 
【蒸し鶏サラダののっけ麺】
 
 
鶏もも肉
1枚(約300g)
 
きゅうり
1本
細切り
かいわれ大根
適量
 
パクチー
適量
 
中華麺
2食分
 
【A】
大さじ1
 
【A】
小さじ1/4
 
【A】しょうが
1かけ
薄切りにする(2枚程度)
作り方
手順1
【ドレッシング】の材料を準備する。
手順2
【蒸し鶏サラダののっけ麺】の材料を準備する。
手順3
【ドレッシング】を作る。ドレッシングの材料を全て[カプセルカッター キャトル]に入れる(POINT★1)。
手順4
連続プッシュして、なめらかになるまで撹拌したら、ドレッシングの完成(POINT★2)。
手順5
【蒸し鶏サラダののっけ麺】の蒸し鶏を作る。鍋に鶏もも肉と【A】、肉がかぶるくらいの水(分量外)を入れ、強火にかける。
手順6
ひと煮立ちしたら、キッチンペーパーで落しぶたをし、さらにフタをして、弱火で15分蒸し煮にする(POINT★3)。
手順7
火を止め、フタをしたままの状態で粗熱が取れるまで冷ます。冷めたら、食べやすい大きさにそぎ切りにする(POINT★4)。
手順8
中華麺は表示通りにゆで、冷水で冷やし、ざるに上げて水気をきる。
手順9
麺を器に盛り、⑦、きゅうり、かいわれ大根、パクチーをのせ、上から、④のドレッシングをかける。

村山由紀子’S POINT

  • ドレッシングは[カプセルカッター キャトル]のカップをはかりに乗せ、食材を計りながら入れる方法も便利です。その際は、材料の分量はg(グラム)表記を参照ください。
  • ドレッシングは一晩おくと、にんにくの味がなじんで食べやすくなります。保存容器に入れて、冷蔵庫で2週間保存できます。
  • キッチンペーパーで落としぶたをすることで、鶏肉のアクが取れます。
  • 鶏肉の煮汁には肉の旨みがしみ出ているので、スープにも使えます。塩とナンプラーを入れるだけでおいしいスープに。
Profile
村山 由紀子(むらやま ゆきこ)
料理家

素材の持つおいしさを引き立てるシンプルな料理を得意とする。料理撮影、ケータリング、出張料理、料理ワークショップなど、さまざまな食を生み出す工房「食房ボッカ」を主宰。著書に『ベジヌードル』(主婦と生活社)、『天板1枚で!毎日のオーブンおかず』(河出書房新社)、『女子飲みの友 スパイスおつまみ』(講談社)、『パンのおかず50』(実業之日本社)など。
http://murayamayukiko.com

Photo_sono(bean)  Direction_Mio Fujimoto(Winner’s) Text_Ako Matsuda