料理家 村山 由紀子さん

ハマること間違いなし!こなれホットサンド <全5回>

素材のおいしさを引き出すシンプルレシピが評判の村山由紀子さんによる連載。5月のテーマは「ホットサンド」。おしゃれでおいしいホットサンドは、朝ごはんやランチ、来客時の簡単なおもてなしなどにいつでも大活躍♡ でも、レシピがマンネリ…という人もいるのでは? そこで今回は、[プレスサンドメーカー キルト]で作る素敵な具材のレシピをご紹介。メイン食材とハーブの組み合わせも必見です。そして今回のレシピには、村山さん流のちょっとしたコツが。それは焼く前に、「パンの外側(キルトのプレートがあたる部分)にバターやオイルを塗る」こと。このひと塗りで、焼き上がりがよりカリッとなります!

北欧風スモークサーモンのホットサンド

ライ麦パン、スモークサーモンとディルを使って、北欧のオープンサンド「スモーブロー」のイメージで。サーモンのほのかな薫香、魚介と相性のいいディルの爽やかさが食欲をそそります。見た目の可愛さを上げてくれるのが、紫キャベツのザワークラウト。今回は発酵させずに作る即席レシピだから、すぐに使えて、すっぱすぎず食べやすいのもうれしい!

(1回分)

材料

分量

下準備

食パン
2枚
ライ麦系のもの、8枚切り(POINT★1)
スモークサーモン
40g
スライスなら5〜8枚
むきえび
30g
ボイル済みのもの。または、鍋でボイルしておく
ディル
1枝分
適当な大きさにちぎる
オリーブオイル
大さじ1
 
粒マスタード
小さじ1
 
【即席ザワークラウト】
(作りやすい分量)
 
紫キャベツ
1/2個(約250g)
せん切りにする
小さじ1/2
 
ガーリックパウダー
少々
ない場合はおろしにんにく少々で代用可
白ワインビネガー
大さじ2
(POINT★2)
オリーブオイル
大さじ1
 
作り方
手順1
食パンを準備する。
手順2
サンドにはさむ具を準備する。
手順3
【即席ザワークラウト】の材料を準備する。
手順4
即席ザワークラウトを作る。鍋またはフライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、紫キャベツと塩を入れる。
手順5
紫キャベツを1〜2 分炒めたら、ガーリックパウダー、白ワインビネガーを加える。(POINT★2)炒めすぎるとしゃきしゃき感がなくなるので、さっと和えるようなイメージで。
手順6
全体をよく混ぜ合わせたら火を止めて、即席ザワークラウトの完成。保存する場合は、冷ました後、煮沸消毒したフタ付きの保存瓶に移す(冷蔵庫で約2週間保存可)
手順7
2枚の食パンに片面ずつ刷毛でオリーブオイルを塗る。
手順8
オリーブオイルを塗っていない方の面に、粒マスタードを塗る。
手順9
[プレスサンドメーカー キルト]の電源を入れ、予熱を開始する。予熱が完了するとランプが消えます。
手順10
食パン1枚を、粒マスタードを塗った面を上にして置き、上に⑥を約30g、スモークサーモン、ディル、えびの順にのせ、予熱が完了した[プレスサンドメーカー キルト]にセットする。
手順11
もう1枚の食パンを、オリーブオイルを塗った面を上にしてのせ、上側のパンがずれないように軽く押さえながらカバーを閉じる。
手順12
キルトの焼き目がつくまで、2分焼く。
手順13
食べやすい大きさに切って器に盛る。

村山由紀子’S POINT

  • ライ麦系の食パンがなければ、普通の食パンを使ってください。
  • ワインビネガーを加えると、紫キャベツの色が鮮やかになります。
Profile
村山 由紀子(むらやま ゆきこ)
料理家

素材の持つおいしさを引き立てるシンプルな料理を得意とする。料理撮影、ケータリング、出張料理、料理ワークショップなど、さまざまな食を生み出す工房「食房ボッカ」を主宰。著書に『ベジヌードル』(主婦と生活社)、『天板1枚で!毎日のオーブンおかず』(河出書房新社)、『女子飲みの友 スパイスおつまみ』(講談社)、『パンのおかず50』(実業之日本社)など。
http://murayamayukiko.com

Photo_sono(bean)  Direction_Mio Fujimoto(Winner’s) Text_Ako Matsuda