récolte®

Table of Contents
コラム

Berry Berry Tart/ベリーベリータルト

 

見た目も味もタルト界の人気ナンバーワン♡季節のいちごとラズベリー、ブルーベリーをふんだんに使った3種のベリータルトです。ベリーの甘酸っぱさを引き立たせるために、卵から作る本格カスタードクリームには生クリームを合わせて、軽い口当たりに仕上げました♪アーモンドパウダー入りのサクサクタルトとクリーム&ベリーのハーモニーがたまりません♡試食したスタッフも「お店のタルトみたい!」と絶賛のレシピです。

 

*このタルトに使う材料を用意しましょう。

 

材料(18cmのタルト型1台分)

※下記の分量はこのタルトに使う合計量です。

 

① いちご…10〜15粒

  ラズベリー…25〜30粒

  ブルーベリー…10〜15粒

② 薄力粉…100g

③ アーモンドパウダー…60g

④ 粉糖…40g

⑤ 砂糖…80g

⑥ 牛乳…200ml

⑦ 生クリーム…100ml

⑧ バター(食塩不使用)…90g

⑨ 卵…4個(卵黄3個分/全卵40g)

⑩ いちごジャム…大さじ2

⑪ バニラオイル…少々(お好みで)

● …大さじ1

● ミント…お好みで

 

 

*次に道具を準備します。

タルト作りで面倒だと感じるほとんどの作業が《カプセルカッター キャトル》でできます!が、作り始める前に《カプセルカッター キャトル》を使わずに作るとどういう作業があるのか、まずは「一般的なタルト生地作り」の工程をおさらいします。

 

*「一般的なタルト生地作り」を見てみましょう。

かかった時間:約15分

キッチンが粉まみれになったり、手がべとべとになったり、洗い物もどんどん増える…。タルト作りはこの生地作りが大変なんですね。「特に生地の切り混ぜはけっこう腕の力を使う」のだとか。スイーツ作りが大好きなスタッフKumiも、タルトやクッキーは「生地を作るのが面倒」だからあまり得意ではなかったようです。ところが《カプセルカッター キャトル》を使うと“あっけないほど簡単”だったので、すっかりはまったそう。どのくらいの差があるのでしょうか?

 

それでは「カプセルカッター キャトルを使ったタルト生地作り」を見てみましょう!

かかった時間:約2分

ご覧の通り、タルト生地作りに《カプセルカッター キャトル》を使えば、こんなにラクラク♪ 2分足らずで生地が完成します。

 

* タルト生地の作り方です 。 

 

【ここで使う材料】

☆薄力粉…80g

☆アーモンドパウダー…20g

☆粉糖(または砂糖)…40g

★バター(食塩不使用)…50g

★卵黄…1個分

★バニラオイル…お好みで適量

 

①《カプセルカッター キャトル》のカップに☆印の粉類を入れて5〜10秒ガーッと撹拌。粉をそれぞれふるう手間がかかりません♪ ②そこへ★印の材料を全て加えます。バターは冷蔵庫から出したてのカチカチ状でもしっかりなじみます。 ③30~40秒ほどガーッと攪拌するだけで、生地がひとまとまりに。 ④はい、できました!生地はラップに包んで冷蔵庫で30分ほど寝かせておきます。

 

〈ポイント〉アーモンドパウダーを入れるとサクサクの食感に。粉糖を砂糖に代えても作れますが、粉糖ならよりきめ細かく、舌ざわりがよくなります♡

 

 

 次はアーモンドクリームを作ります。

《カプセルカッター キャトル》のカップとブレードを洗っておきましょう。

生地に流し入れて焼くアーモンドクリーム。この作業の難関はクリームが分離しやすいこと。《カプセルカッター キャトル》は高速でしっかり混ぜられるので、とてもなめらかに仕上がります。材料はすべて同量がアーモンドクリームの黄金比!

 

【ここで使う材料】

☆全卵…40g(溶きほぐして計量したもの)

☆アーモンドパウダー…40g

☆バター(食塩不使用)…40g

☆砂糖…40g

 

①《カプセルカッター キャトル》のカップに☆印の材料をすべて入れて… ②ガーッと撹拌。均一に混ざればできあがり!

 

〈ポイント〉全卵40gはMサイズの卵で約1個弱。余った卵は、タルト生地の工程で出てくるクッキーに塗ればむだなく使い切れます♪

 

次は30分寝かせた生地を成形してタルト生地を焼きます。

オーブンを180℃に予熱しておきましょう。

 

①冷蔵庫で30分寝かせた生地をめん棒で丸く伸ばします。作業台にラップを広げて生地を置き、さらに上面にもラップをかけるときれいに作業できます。 ②タルト型よりひと回り大きいサイズになったら、上面のラップを外します。下面のラップごと生地を持ち、タルト型に敷いていきます。 ③ポイントは角までしっかり入れること! ④型からはみ出した生地はめん棒で落とします。余った生地はタルトと一緒に焼いてクッキーに♪(アーモンドクリームで余った卵の出番です!) ⑤生地は焼くと縮むので、指でつまんで土手を作ります。 ⑥生地の底にフォークで穴をあけたら… ⑦アーモンドクリームを流し入れて… ⑧クリームを平らにならします。 ⑨予熱が完了したオーブンで25~30分焼きます。焼けたらケーキクーラーなどにのせて粗熱を取ります。

 

次は、卵から作る本格カスタードクリームを作ります。

少し手間がかかりますが、レンジでチンよりはるかにおいしいです!作り方をマスターすれば、いろいろなお菓子作りに使えますので是非おぼえてくださいね♡

 

【ここで使う材料】

●卵黄…2個

●砂糖…40g

●牛乳…200ml

●薄力粉…20g

●バニラオイル…お好みで適量

 

①ボウルに卵黄と砂糖を入れて泡立て器で混ぜます。 ②全体が白っぽくなったら薄力粉を加えます。さらによく混ぜて… ③なめらかになったら、牛乳を2回に分けて加え、全体が均一になじむように混ぜます。 ④ザルで漉しながら小鍋に入れて弱火にかけます。ここで漉すひと手間が、クリームのなめらかさを大きく左右しますよ〜! ⑤たえずかき混ぜながら弱火で加熱します。ツヤが出て、写真のように鍋底に線が引けるくらいになったらできあがり! ⑥ボウルに入れてラップをぴったりと密着させたら保冷剤をのせ、クリームが傷むのを防ぐために急冷します。

 

次は生クリームをホイップしてカスタードクリームと合わせます。

コクのある本格カスタードと生クリームを合わせて、ベリーによく合う軽い口当たりのクリームに仕上げます。生クリームは乳脂肪分35%のものがおすすめ。よく冷やしておくと、より早くホイップできます。

 

【ここで使う材料】

●生クリーム…100ml

 

①《カプセルカッター キャトル》のカップに生クリームを入れ、30〜35秒ほどガーッ。 ②少しゆるめの6分立てに。 ③冷やしたカスタードクリームを加えて、全体が均一になるまで5秒ほどガーッ。冷やしたカスタードと生クリームを手で混ぜようとすると、実はなかなか重労働なんです…。

 

さあ、いよいよ仕上げの飾りつけです♪

写真の手順で盛りつけていくと、3種のベリーがバランスよく、きれいにトッピングできます。

 

【ここで使う材料】

●いちご…10〜15粒

●ラズベリー…25〜30粒

●ブルーベリー…10〜15粒

●ミント(お好みで)

☆いちごジャム…大さじ2

☆水…大さじ1

耐熱容器に☆印のいちごジャムと水を入れ、600Wの電子レンジで20〜30秒加熱してつや出し用のソースを作り、粗熱を取っておきます。

 

①タルトにカスタードクリームをのせます。ベリーをのせたときの見栄えがよくなるよう、真ん中を高くするのがポイント! ②外側をラズベリーでぐるっと囲みます。 ③縦半分に切ったいちごを、なるべく隙間なく並べて… ④隙間にブルーベリーをのせます。 ⑤刷毛でつや出し用のソースをぬって… ⑥ミントを飾れば完成!

 

 

第1回目のレコルトスイーツラボ「ベリーベリータルト」いかがでしたか?

「これなら作れそう!」そんな風に思っていただけたら嬉しいです。次回も「おいしく・かわいく・かんたんに」をテーマに、とっておきのスイーツレシピをご紹介しますのでどうぞお楽しみに!

 

【質問&リクエスト募集中!】

レコルトスイーツラボでは手作りスイーツに関する皆さまからのご質問やレシピのリクエストを受け付けています。お問い合わせフォーム公式Facebookまでどしどしお寄せください!