récolte Cinema
レコルトシネマ

人やモノとの出会いが
それまでの自分を変えることがある。
未来を変えてしまうほどのできごとなのに
きっかけは日々の
ほんの些細なことかもしれない。
これは、「レコルト」との出会いで変わっていく
ひとりの女性の暮らしを描いた物語です。

ストーリー

主人公『美徳(みのり)』は28歳、OL、独身。
片付けられない、彼氏なし、特に夢もない。
毎日のシアワセは缶ビールとスルメ。

そんな美徳のもとに偶然やってきたのは
『小さなオーブントースター』。

いつもなら放っておけるのに、眠れない美徳。
そのトースターがどうしても気になって…

 
 

キャスト

美徳(みのり) 役

清水 葉月

1990年、愛知県出身。2013年に出演したイキウメ『片鱗』が読売演劇大賞優秀作品賞に選ばれ、その存在感が話題となり数多くの舞台に出演。現在注目度急上昇中。舞台では、劇団☆新感線『髑髏城の七人 Season鳥』(17)、イキウメ『太陽』(16)、二兎社『書く女』(16)、パルコ・プロデュース『 転校生』(15)、ベッド&メイキングス『墓場、女子高生』(15)などに出演。映画『全員死刑』(17)、TX 木ドラ25『さぼりーマン甘太郎』(17)他、活躍の場を広げている。

実(みのる)役

九内 健太

1991年、石川県生まれ。19歳の時、スカウトされモデルデビュー。数々の広告、雑誌などに出演後、2015年に俳優デビュー。同年のNHK朝の連続テレビ小説『まれ』では、出演と共に方言指導も担当。2016年、『エミアビのはじまりとはじまり』で映画初出演。その後、テレビ東京『CODE:M コードネームミラージュ』(2017)、TBS『都庁爆破!』(2018)などのドラマにも出演し、成長株として今後の活動を期待されている。

美徳の友人

野上 綾花

美徳の友人

兼安 愛海

美徳の友人の夫

飯野 泰功

美徳の友人の娘

山口 星空

美徳の父

加藤 佳男

美徳の母

松本 潤子

脚本/監督

佐藤 徹也

オフィスクレッシェンド所属の演出家・映画監督・プロデューサー 98年TVディレクターデビュー。以降、嵐・長渕剛など数多くの音楽作品を演出。04年より「報道ステーション」に演出参加。08 年「アシンメトリー」で映画初監督。13年には映画「絶叫学級」「DANCE EARTH」の2作品が公開。現在MTVアンプラグド統括プロデューサーとして「ゲスの極み乙女」のLIVE演出を控える。

作品へのコメント

「今日と余り代わり映えのしない明日を何となく惰性で過ごしてしまっていた女子・美徳。本編はレコルトの家電をきっかけに 美徳の生活が劇的に変化していく様をコミカルに描いたが...
撮影前に資料としてわが家に届いたレコルトの商品を「カワイイ〜!」を連呼しながらケースから取り出す妻の、まるで少女のような表情が、演出のヒントとなった事をキャストもスタッフも、そして妻も...知らないだろう(笑)レコルトは女性を笑顔にする 魔法の家電なのです!」

Back to Top

Share!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+