récolte

Contents

すき焼き(関西風)

最初に牛肉を焼いてから、砂糖やしょうゆを直接鍋に入れて仕上げるのが関西風。肉とその他の具材を一緒に煮たり、肉を食べてから具材を煮て食べたりと、食べ方も味もお好みで。

2〜3人分

材料

分量

下準備

すき焼き用牛肉
300g
 
長ねぎ
1本
斜め切り
白菜
3~4枚
葉と芯を分け、葉は4cmに、芯はそぎ切りにする
しらたき
100g
下ゆでして食べやすい長さに切る
しめじ
100g
石づきを取り、手で大きめにほぐす
しいたけ
6~8個
石づきを取り、かさの表面に十字に切り込みを入れる
きび砂糖
大さじ3~
※お好みで味をみながら調節してください
大さじ6~
※お好みで味をみながら調節してください
しょうゆ
大さじ6~
※お好みで味をみながら調節してください
牛脂(またはサラダ油)
適量
 
2~3個(人数分)
 
作り方
手順1
材料を準備する。
手順2
[ポットデュオ タント]本体に[グリルプレート]をセットし、ツマミを[3]にして加熱する。牛脂を入れ、プレート全体によくなじませるよう に溶かしたら、一度につき1/6量(約50g)の牛肉を広げて入れ、同時に長ねぎ(適量)も入れて焼く。
手順3
肉汁が出てきたら肉を返し、8割程度火が通ったら、きび砂糖(大さじ1/2〜)を肉の表面にふり、酒(大さじ1〜)、しょうゆ(大さじ1〜)をまわし入れる。
手順4
白菜を適量加え、しらたき、しめじ、しいたけの順に適量を加える。味を見ながら、砂糖、酒、しょうゆを適宜入れる。
手順5
煮えたものから溶き卵につけていただく。残りの具も同様の手順で召し上がれ。

Back to Top

Share!
  • Facebook
  • Twitter