Smart Kettle

スマートケトル

使い方

水を入れ、温度を設定する

ケトル[本体]に水を入れ、温度設定ボタンでお好みの温度を設定します。50〜100℃の範囲で5℃ずつ設定できます。

スイッチを押して加熱スタート

スイッチを1回押すとランプが赤く点灯し、加熱が始まります。加熱・保温中は湯温が1℃刻みでディスプレイに表示され、現在の温度がひと目でわかります(30〜100℃の範囲)。加熱を中止したいときは再度スイッチを押してください。

設定温度のまま自動保温

設定温度になったらアラーム音でお知らせ。ランプが緑に点灯し、自動で保温に切り替わります。その後30分間、設定温度で保温します(湯温を100℃または95℃に設定した場合は90℃に保温されます)。
約30分後に自動で電源OFF。手動で保温を中止したいときは、スイッチを押すとランプが消灯し、ディスプレイに現在の温度が表示されます。

INFORMATION

Product
製品情報/Smart Kettle(スマートケトル)
温度設定+自動保温機能付きのスマートケトル

インフォメーション一覧へ

Back to Top

Share!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+