récolte®

Table of Contents
コラム

Apple Upside-Down Cake/キャラメルりんごのアップサイドダウンケーキ

「アップサイドダウンケーキ」は直訳すると「ひっくり返したケーキ」。フルーツの上から生地を流し込んで焼き、その名の通りひっくり返して完成させるケーキです。美しく並んだフルーツは見た目も華やか!お祝いや記念日にもぴったりです。今回のスイーツラボではアップサイドダウンケーキの中でも代表的な「キャラメルりんご」をチョイス。みずみずしいりんごによく合うふんわりとした生地を《ハンディブレンダー スリム プラス》で作ります。おいしさはもちろん「仕上がりの美しさ」を重視した結果たどり着いた、りんごの切り方や並べ方などのポイントもていねいにご紹介します

 

 

*まずは一般的な作り方とrécolte Sweets Laboの作り方のポイントを見ていきましょう!

アップサイドダウンケーキは焼きっぱなしの簡単さが魅力のケーキですが、デコレーションをしないぶん、フルーツの切り方や並べ方で見た目が大きく変わってしまいます。レコルトスイーツラボでは「仕上がりの美しさ」を重視した手順で作りました。りんごがすき間なく並んだ美しいケーキを目指して、レコルトスイーツラボ流アップサイドダウンケーキを作ってみましょう!

 

アップサイドダウンケーキの材料を用意します。

 

 材料/15cmの角型1個分

【キャラメルりんご】

①りんご(中)…1個 

②グラニュー糖…60g 

③水…大さじ1

 

【ケーキ生地】 

④卵…2個 

⑤グラニュー糖…50g 

⑥薄力粉…60g

⑦アーモンドパウダー…20g 

⑧ベーキングパウダー…小さじ1/4

⑨シナモンパウダー…小さじ1/2

⑩バター(食塩不使用)…60g 

 

【仕上げ用】

⑪アプリコットジャム…大さじ1(お好みで)

 

 

型に敷くオーブンペーパーを準備します

・型は1辺が15cmのスクエア型を使用しています。

 

1. 型の側面と底に合わせてオーブンペーパーをカットします。

2. 側面部分に点線のように切り込みを入れます。

3. 側面部分を折って型に敷きます。

 

 

STEP1りんごをカットして完成の状態に並べます。

できあがりの見た目を決めるポイントのひとつです。りんごをできるだけ均一な厚さにスライスする手順をご紹介します。

・オーブンを170℃に予熱しておきます。

 

【ここで使う材料】 

りんご(中)…1個

1. りんごは皮付きのままよく洗って、芯を取って4等分します。

2. まっすぐスライスしやすくするために、4等分したりんごの両サイドをそれぞれ切り落とします。

3. りんごを2mm厚さにスライスします。皮を上にすると安定して切りやすくなります。

4. 同じ手順で、4等分したりんごを全てスライスします。りんごはバラバラにせず、スライスしたままの並びをキープすると、仕上がりがよりきれいです。

5. 角型にすき間なくまっすぐ並べるために、端を切り落とします。

6. 25で切り落とした部分は粗めに刻みます。

7. りんごを仕上がりのイメージ通りに並べておきます。

りんごの皮が見えている向きが仕上がりの表面にきます。スライスしたりんごを型の大きさに合わせて仕上がりのイメージ通りに(皮が見える向きに)、きれいに並べていきましょう。このレシピでは2列で前後が互い違いになるように並べています。

 

STEP2:キャラメルを作って型に広げます。

キャラメルはここで火を入れすぎると仕上がりが苦くなってしまいます。余熱で焦げ付く場合があるので一部が薄い茶色になったら火を止めましょう。

 

【ここで使う材料】 

グラニュー糖…60g

水…大さじ1

1. 鍋にグラニュー糖と水を入れて中火にかけます。

2. 全体がなじんだら静かに加熱します。ここで木べらなどで混ぜると、へらに結晶化した砂糖が付着してキャラメルにならないので注意しましょう。  

3. 一部が薄い茶色に色づいたら鍋をゆすって全体をなじませ、火を止めます。

4. 下準備した型に流し入れ、型を傾けて全体にまんべんなく広げます。

 

 

STEP3:並べたりんごを裏返してキャラメルの上にのせ、5分焼きます。

STEP1で並べたりんごを慎重に裏返してからキャラメルの上にスライドさせながらのせます。キャラメルが冷えて固まる前にりんごを並べてオーブンで焼き、りんごとキャラメルを密着させます。

1. 仕上がりの表面(皮が見える向き)が下にくるように、スケッパーなど平らな道具を使って、りんごを慎重に裏返します。

2.  キャラメルを敷いた型にスライドさせながらのせます。

3. りんごを手で軽く押してキャラメルとなじませます。

4. 170℃に予熱したオーブンで5分焼きます。焼けたら取り出して粗熱を取っておきます。

 

STEP4:ケーキ生地を作ります。

卵は湯せんにかけるとグラニュー糖がきれいに溶けるうえ、卵の泡立ちがよくなります。粉はボウルの底に溜まりやすいので、底からしっかりと生地を持ち上げながら切り混ぜます。生地を練ってしまうとふくらみが悪くなるので注意しましょう。

・湯せんの準備をします。湯の温度は60〜70℃が目安です。

・バターは600Wの電子レンジで30秒ほど加熱して溶かします。

・オーブンを170℃に予熱しておきます。

 

【ここで使う材料】 

卵…2個 

グラニュー糖…50g 

薄力粉…60g 

アーモンドパウダー…20g 

ベーキングパウダー…小さじ1/4

シナモンパウダー…小さじ1/2 

バター(食塩不使用)…60g

1. ボウルに卵とグラニュー糖を入れ、ビーター/[低速]で全体をザッと混ぜます。

2. ボウルを湯せんにかけ、白くもったりとするまでビーター/[高速]で泡立てます。 

3. 2に薄力粉、アーモンドパウダー、ベーキングパウダー、シナモンパウダーをまとめてふるい入れます。

4. ゴムべらで切り混ぜます。

5. 全体に粉がなじんだら溶かしバターを加え、なめらかになるまでしっかりと混ぜたら生地の完成です。

 

 

STEP5:りんごの上に生地を流し入れ、170℃のオーブンで35分焼きます。

1. STEP3の粗熱を取った型にりんごの形が崩れないようにゆっくりと生地を流し入れ、型をトントンと軽く落として空気を抜きます。

2. オーブンペーパーと型の間にすき間ができた時は、残った生地を少量ぬって貼り付けます。 

3. 粗く刻んでおいたりんごを上に散らし、170℃に予熱したオーブンで35分焼きます。

4. 竹串を刺してどろっとした生地が付かなければ焼き上がり。オーブンから出してケーキクーラーにのせ、型に入れたまま5分ほどおいて粗熱を取ります。

 

STEP6:ケーキをひっくり返したらできあがり!

完全に冷めてしまうとキャラメルが固まってオーブンペーパーからはずれにくくなります。やや温かいうちにひっくり返すのがコツです。

1. オーブンペーパーごと持ち上げて型からはずし、側面のオーブンペーパーを広げます。

2. 平皿やまな板などをケーキに当ててひっくり返し、オーブンペーパーをはずします。 

 

仕上げに…. お好みで、仕上げにアプリコットジャム(大さじ1)を湯(大さじ1/2)で溶いたものをぬり、ツヤを出してもきれいです。

 

【質問&リクエスト募集中!】

レコルトスイーツラボでは手作りスイーツに関する皆さまからのご質問やレシピのリクエストを受け付けています。お問い合わせフォーム公式Facebookまでどしどしお寄せください!