récolte®

Table of Contents
コラム

Pumpkin Cream Puffs/パンプキンシュークリーム

秋のイベントとしてすっかり定番になったハロウィン。今年はかぼちゃを使ったワンランク上の手作りスイーツで、ハロウィン気分を盛り上げてみませんか? スイーツラボスタッフが選んだレシピは「シュークリーム」! 《ハンディブレンダー スリム プラス》を使って、ぷっくりとふくらむシュー生地を作るコツをご紹介します。お楽しみのデコレーションは、かぼちゃ入りのカスタードクリームとチョコペンで、いろいろな表情の「ジャック・オー・ランタン」を描いてみました♪ 個性たっぷりのキュートなかぼちゃたちと一緒に、ハロウィンパーティーを楽しんでくださいね。

 

*パンプキンシュークリームの材料を用意します。

 

材料/12個分

【シュー生地】

①バター(食塩不使用)…40g

②塩…ひとつまみ

③牛乳…50ml

④水…50ml

⑤薄力粉…50g

⑥卵(M)…2個

 

【かぼちゃのカスタードクリーム】

①かぼちゃ(皮付き)…100g

②卵黄…2個分

③砂糖…30g

④薄力粉…20g

⑤牛乳…200ml

⑥バター(食塩不利用)…10g

 

【トッピング】

⑦かぼちゃの種…適量

⑧チョコペン…適量  

 

 

*シュー生地はなぜふくらむの?

シュー生地は、内側が空洞になってふくらんだ状態が正しい焼き上がりです。生地内の水分が加熱されて水蒸気になり、蒸発する際に生地を内側から押し広げることによってふくらみます。

シューのふくらみを左右する生地内の水分量を、卵の分量でコントロールするのが生地作りのポイントです。その見極め方を詳しくご紹介していきます。

 

 

STEP1:シュー生地を作ります。薄力粉を加えたら手早く練り混ぜ、加熱して生地の水分を飛ばします。

・薄力粉はふるいます。卵は常温に戻しておきます。

・天板にオーブンペーパーを敷いておきます。

・オーブンを200℃に予熱します。

・絞り出し袋を用意します。

生地が冷えてしまうと、ふくらまない原因になります。最初に材料や道具を全て揃えて、手早く作業するのがコツです。

 

【ここで使う材料】

バター(食塩不使用)…40g

塩…ひとつまみ 牛乳…50ml

水…50ml

薄力粉…50g

 

1. 鍋にバター、塩、牛乳、水を入れて弱火にかけ、バターを溶かしながら加熱します。

2. 沸騰したら火を止めて薄力粉を一気に加え、ゴムべらでしっかりと練り混ぜます。

3. 生地がひとまとまりになったら中火にかけ、生地の水分を飛ばします。焦げ付かないように鍋の中で生地を転がしながら、約1分半ほど加熱したらボウルに取り出します。

 

 

STEP2:生地に卵を少しずつ加えていきます。三角形状に流れ落ちる状態が目安です。

卵を加えすぎてしまうと戻せないので、こまめに確認しながら少しずつ加えていきます。

 

【ここで使う材料】

卵(M)…2個

 

1. ボウルに卵を割り入れ、ビーター/[低速]で撹拌します。

2. 卵液のおよそ1/3量をSTEP1の生地に加え、ビーター/[低速]で混ぜ合わせます。

3. 残りの卵液を少しずつ加え、その都度ビーター/[低速]で混ぜ合わせます。これを3~4回繰り返しします。

4. ゴムべらで持ち上げた時に生地が三角形状に流れ落ちる状態になったらできあがりです。

レシピの分量を参考に、卵液を少しずつ加えて生地のかたさを確認してください。卵液を全量加えても生地がかたい場合は、さらに卵液を追加してください。

*このレシピで使った卵の分量

・割りほぐした卵…約100g

・生地に加えた卵液…約80g

・残った卵液…20g  (残った卵液はSTEP3で生地のつや出し用に使います。)

 

 

STEP3:予熱したオーブンでシュー生地を焼きます。

途中でオーブンのドアを開けると、急激に温度が下がったり蒸気が逃げたりして、生地がしぼむ原因になるので注意しましょう。

 

1. 生地を絞り袋に入れ、オーブンペーパーを敷いた天板の上に等間隔に12個絞り出します。

2. STEP2で残った卵液を刷毛で塗り、表面をつるんとさせます。

3. 霧吹きなどで水を吹きかけます。 ※生地の表面が乾燥していると、きれいにふくらみません。

4. 予熱が完了した200℃のオーブンで15分焼きます。まず高温で水分を蒸発させ、生地をふくらませます。15分経ったら、オーブンの温度を180℃に下げてさらに15分焼きます。低温で中まで加熱し、生焼けを防ぎます。

5. 焼き上がったらオーブンから取り出し、粗熱を取ります。

 

 

STEP4:かぼちゃのカスタードクリームを作ります。

・バターは常温に戻しておきます。

・保冷剤を用意します。

かぼちゃの食感を残したレシピです。よりなめらかなクリームに仕上げたい場合は、ほぐしたかぼちゃを裏ごししてください。

 

【ここで使う材料】

かぼちゃ(皮付き)…100g

卵黄…2個分

砂糖…30g

薄力粉…20g

牛乳…200ml

バター(食塩不利用)…10g

 

1. かぼちゃは3cm角に切り、耐熱容器に入れてラップをかけ600Wで3分加熱します。皮をむいてほぐし、粗熱を取ります。

2. ボウルに卵黄と砂糖を入れ、白っぽくなるまでビーター/[低速]で撹拌します。

3. 薄力粉を加えて、[低速]でなめらかになるまで混ぜます。

4. 牛乳を2回に分けて加え、その都度[低速]でよく混ぜ合わせます。

5. ザルで漉しながら小鍋に入れ、かき混ぜながら弱火で加熱します。

6. ツヤが出てきたら火を止め、バターとほぐしたかぼちゃを加えてよく混ぜます。

7. ボウルに入れてラップをぴったりと密着させたら保冷剤をのせ、急冷します。

 

 

STEP5:デコレーションをします。

・かぼちゃのカスタードクリームは絞り出し袋に入れておきます。

【ここで使う材料】

かぼちゃの種…適量

チョコペン…適量

 

1. シュー生地をお好きな高さで横半分に切り、下部分にかぼちゃのカスタードクリームを絞り入れます。

2. 上部分をかぶせ、顔になる側面にクリームを絞り足します。チョコペンで顔を描き、かぼちゃの種やピックなどで飾ったらできあがり!

 

 

【質問&リクエスト募集中!】

レコルトスイーツラボでは手作りスイーツに関する皆さまからのご質問やレシピのリクエストを受け付けています。お問い合わせフォーム公式Facebookまでどしどしお寄せください!