料理家 村山 由紀子さん

ハマること間違いなし!こなれホットサンド <全5回>

素材のおいしさを引き出すシンプルレシピが評判の村山由紀子さんによる連載。5月のテーマは「ホットサンド」。おしゃれでおいしいホットサンドは、朝ごはんやランチ、来客時の簡単なおもてなしなどにいつでも大活躍♡ でも、レシピがマンネリ…という人もいるのでは? そこで今回は、[プレスサンドメーカー キルト]で作る素敵な具材のレシピをご紹介。メイン食材とハーブの組み合わせも必見です。そして今回のレシピには、村山さん流のちょっとしたコツが。それは焼く前に、「パンの外側(キルトのプレートがあたる部分)にバターやオイルを塗る」こと。このひと塗りで、焼き上がりがよりカリッとなります!

イタリア風サルシッチャのホットサンド

イタリアのサンドイッチ『パニーニ風』にイタリアのサルシッチャやチーズなどをはさんだ、ボリュームのあるサンド。パンはプレーンなフォカッチャを使うことで焼き上がりがより香ばしく、さくっ、もちっ、の心地いいループ♪ フォカッチャのホットサンドにはまりそうです。

(1回分)

材料

分量

下準備

フォカッチャ
1枚
[プレスサンドメーカー キルト]のサイズに合わせて切り、厚さを半分に切る
サルシッチャ
100g
焼いて(またはボイルして)、縦に半分に切る(POINT★1)
なす
小1本
1cm厚さの輪切りにし、フライパンで両面を焼く
ルッコラ
10g
 
パルミジャーノ・レッジャーノ
20g
薄切りにする
オリーブオイル
大さじ1
フォカッチャに塗ってある場合は塗らなくてもよい
粒マスタード
小さじ2
 
作り方
手順1
フォカッチャを準備する。
手順2
材料を準備する。
手順3
2枚のフォカッチャの片面(外側の焼き色がついた部分)に刷毛でオリーブオイルを塗る。
手順4
内側の白い部分に粒マスタードを塗る。
手順5
[プレスサンドメーカー キルト]の電源を入れ、予熱を開始する。予熱が完了するとランプが消えます。
手順6
1枚のフォカッチャの、粒マスタードを塗った面を上にして置き、グリルしたなす、サルシッチャ(POINT★1)、パルミジャーノ、ルッコラを順にのせ、予熱が完了した[プレスサンドメーカー キルト]にセットする。
手順7
もう1枚のフォカッチャの、オリーブオイルを塗った面を上にしてのせる。
手順8
上側のパンがずれないように軽く押さえながらカバーを閉じる。
手順9
キルトの焼き目がつくまで、1分半〜2分半焼く。(POINT★2)
手順10
食べやすい大きさに切って、器に盛る。

村山由紀子’S POINT

  • 今回はサルシッチャをボイルして使っていますが、好みのソーセージでOKです。
  • フォカッチャは外側に焼き目が付いているので、[プレスサンドメーカー キルト]で焼く時間を短めにしています。
Profile
村山 由紀子(むらやま ゆきこ)
料理家

素材の持つおいしさを引き立てるシンプルな料理を得意とする。料理撮影、ケータリング、出張料理、料理ワークショップなど、さまざまな食を生み出す工房「食房ボッカ」を主宰。著書に『ベジヌードル』(主婦と生活社)、『天板1枚で!毎日のオーブンおかず』(河出書房新社)、『女子飲みの友 スパイスおつまみ』(講談社)、『パンのおかず50』(実業之日本社)など。
http://murayamayukiko.com