料理家 村山 由紀子さん

ひき肉料理で愛されごはん!<全4回>

素材のおいしさを引き出すシンプルレシピが評判の村山由紀子さんによる連載。2 月のテーマは「ひき肉」。ハンバーグ、ロールキャベツ、麻婆豆腐にメンチカツ…。これ全部、男子が大好きな料理。というか、男子じゃなくても大好き! そこで今月は、日本人に愛され続けてきたボリュームたっぷりの“肉おかず” を、改めておさらい。作り方は途中までだいたい同じなので、覚えやすいです。人と差がつくおいしさの秘密は…「ひき肉を自分でひく」こと![カプセルカッター キャトル]なら、思いのままにひき肉がすぐにできます。村山さんも「自分で選んだ部位をひけるし、買ったひき肉よりおいしくなる!」と太鼓判。今月の4品、どれも震えるくらいおいしいです。ホントに。

メンチカツ

日曜日の昼下がり。ビールでも飲みたいな…という時のおともに、メンチカツはいかが? テーブルに[ポットデュオ フェット]を置いて、一口サイズのメンチカツを、食べたいペースで揚げながら乾杯! 揚げたてのアツアツをほおばれば、ビールも進みます。さくさく衣の中から現れるのは、肉感たっぷりのジューシーなひき肉。これも[カプセルカッター キャトル]のなせるワザ。メンチタネには玉ねぎをたっぷり入れているので、ボリュームがあるのに、ふわふわと軽い食べ心地で、いくつでも食べられそうです。

2~3人分

材料

分量

下準備

【メンチカツの材料】
 
 
牛こま切れ肉
200g
 
玉ねぎ
1個(約200g)
 
バター
15g
 
【A】溶き卵
1/2個分
 
【A】パン粉
10g
 
【A】ナツメグ
少々
オールスパイスでもOK。なくても可
【A】
小さじ1/2
 
【A】こしょう
少々 
 
揚げ油
適量
 
【衣の材料】
 
 
小麦粉
適量
 
溶き卵
1/2個分
 
牛乳
小さじ2
 
パン粉
適量
 
【付け合わせの材料】
 
 
ウスターソース
適量
 
マスタード
適量 
 
キャベツ
好みで
 
作り方
手順1
【メンチカツの材料】を用意する。
手順2
【衣の材料】【付け合わせの材料】を用意する。
手順3
たねを作る。玉ねぎは適当な大きさに切り、[カプセルカッター キャトル]に入れ、数回パルスプッシュをし、みじん切りにする。
手順4
フライパンにバター、③を入れ、弱火で5分ほど炒める。しんなりしてきたら、バット等の平たい容器に移し、冷ます。
手順5
牛こま切れ肉を[カプセルカッター キャトル]に入れ、連続プッシュしてミンチ状にする。
手順6
ボウルに④、⑤、【A】を入れ、粘りが出るまで手早く、よく練り混ぜる(ボウルのへりが白っぽくなってきたら粘りが出てきた目安)。
手順7
たねを12等分し、両手でキャッチボールをするように空気を抜きながら直径4cm程度のボール状に丸める。中心を軽くくぼませておく。
手順8
【衣の材料】の溶き卵と牛乳を合わせ、卵液を作る。⑦に、小麦粉→卵液→パン粉の順に衣をつける。この時、最初に小麦粉をまぶしておき、右手で卵液、左手でパン粉をつけるとやりやすい。
手順9
[ポットデュオ フェット]に[セラミックボウル]と[揚げ物カバー]をセットし、揚げ油を入れる。ツマミを[3]にして170℃に熱したら、⑧を3~4個ずつ入れて、火が通るまで約3分揚げる。好みでキャベツを添え、ソースやマスタードをつけていただく。

村山由紀子’S POINT

  • 肉だねにはキャベツやきのこなどを入れてもおいしいです。水分が多い野菜を使う場合、揚げる時に油はねしやすいので、あらかじめ塩もみをして、水分をきってたねに混ぜ込むとよいでしょう。
  • ボール状に丸めたたねの中央をくぼませると、中まで火が入りやすくなります。
  • 揚げる時、一度にたくさん入れると油の温度が下がるので、3~4個ずつ揚げるといいでしょう。
  • 行程⑧の状態で冷凍保存しておくと、朝のお弁当作りにも便利です。
Profile
村山 由紀子(むらやま ゆきこ)
料理家

素材の持つおいしさを引き立てるシンプルな料理を得意とする。料理撮影、ケータリング、出張料理、料理ワークショップなど、さまざまな食を生み出す工房「食房ボッカ」を主宰。著書に『ベジヌードル』(主婦と生活社)、『天板1枚で!毎日のオーブンおかず』(河出書房新社)、『女子飲みの友 スパイスおつまみ』(講談社)、『パンのおかず50』(実業之日本社)など。
http://murayamayukiko.com