料理家 村山 由紀子さん

ひき肉料理で愛されごはん!

素材のおいしさを引き出すシンプルレシピが評判の村山由紀子さんによる連載。2 月のテーマは「ひき肉」。ハンバーグ、ロールキャベツ、麻婆豆腐にメンチカツ…。これ全部、男子が大好きな料理。というか、男子じゃなくても大好き! そこで今月は、日本人に愛され続けてきたボリュームたっぷりの“肉おかず” を、改めておさらい。作り方は途中までだいたい同じなので、覚えやすいです。人と差がつくおいしさの秘密は…「ひき肉を自分でひく」こと![カプセルカッター キャトル]なら、思いのままにひき肉がすぐにできます。村山さんも「自分で選んだ部位をひけるし、買ったひき肉よりおいしくなる!」と太鼓判。今月の4品、どれも震えるくらいおいしいです。ホントに。

ロールキャベツ

寒い日のごちそうといえば、ロールキャベツ! 今回は、通常は巻きにくくなるのでとってしまうキャベツの芯や葉の軸も[カプセルカッター キャトル]を使って、全部タネに使います。「芯や軸を使うと、ほんのり甘さも出るんですよ」と村山さん。煮込みには[ホームバーベキュー]の[セラミックスチーム深鍋]を。ロールキャベツを並べやすく、全体に火が通りやすくて便利です。とろっとろになるまで煮込んだボリュームたっぷりのロールキャベツで、今夜はほっこりあったまって。

4人分

材料

分量

下準備

【ロールキャベツの材料】
 
 
キャベツ
1個
 
牛こま切れ肉
100g
 
豚こま切れ肉
150g
 
玉ねぎ
1/2個(約100g)
 
にんじん
1/2本(約80g)
 
セロリ
1/2本(約40g)
 
ベーコン
8枚(約140g)
薄切り
バター
20g
 
【調味料】
 
 
【A】ケチャップ
大さじ1
 
【A】おろしにんにく
少々
 
【A】
小さじ1
 
【B】トマトピューレ
180g
 
【B】
大さじ1
 
【B】
500ml
 
ローリエ
2枚
 
作り方
手順1
【ロールキャベツの材料】を用意する。
手順2
【調味料】を用意する。
手順3
キャベツが丸ごと入る大きめの鍋に湯を沸かす。キャベツは芯をくり抜いて、鍋に丸ごと入れ、時々、上下をひっくり返しながら1分ほどゆでる。
手順4
キャベツをゆでながら、外側の葉から1枚ずつはがす。火を止め、キャベツをザルに上げて水気をきる。粗熱がとれたら、外側から大きめの葉16枚分の軸の厚い部分を包丁でそぐ。この時、そいだ軸もとっておく。
手順5
たねを作る。玉ねぎ、にんじん、セロリは適当な大きさに切り、④のキャベツの軸とともに[カプセルカッター キャトル]に入れ、数回パルスプッシュをし、みじん切りにする。
手順6
フライパンにバターと⑤を入れ、弱火で5分ほど炒める。しんなりとしてきたら、バット等の平たい容器に移し、冷ます。
手順7
牛こま切れ肉と豚こま切れ肉を[カプセルカッター キャトル]に入れ、連続プッシュしてミンチ状にする。
手順8
ボウルに⑥、⑦、【A】を加え、粘りが出るまで手早く、よく練り混ぜる(ボウルのへりが白っぽくなってきたら粘りが出てきた目安)。
手順9
たねを8等分にし、俵形にまとめる。
手順10
キャベツの大きめの葉1枚を軸を手前にして広げ、その上に小さめの葉1枚を重ねる。手前に⑨をのせる。
手順11
たねをキャベツの葉で巻く。最初に手前の葉をタネにかぶせ、左右の葉を内側に折り込みながらしっかりと巻いて包む。残りも同様に包む。
手順12
それぞれにベーコンを1枚ずつ巻きつける。
手順13
巻き終わりを下にして、[ホームバーベキュー]の「セラミックスチー ム深鍋」に並べ、本体にセットする。
手順14
【B】を混ぜ合わせ、ローリエとともに入れる。この時、キャベツの小さい葉が余っていたら、上にのせる。
手順15
ツマミを[3]にして煮る。煮たったらツマミを[2]にしてフタをし、約 30分煮込んだらできあがり。

村山由紀子’S POINT

  • 今回は、キャベツの大きい葉と小さい葉を重ねて巻きました。葉が大きい場合は1枚でも大丈夫です。小さい場合は、葉を2枚重ねて巻くとしっかり巻けるので、煮崩れしにくくなります。
  • 煮込む時、余ったキャベツをロールキャベツの上にのせると落しぶた効果でよりおいしく仕上がります。
  • やわらかい春キャベツを使う時は、煮込む時間を短くしてください。
Profile
村山 由紀子(むらやま ゆきこ)
料理家

素材の持つおいしさを引き立てるシンプルな料理を得意とする。料理撮影、ケータリング、出張料理、料理ワークショップなど、さまざまな食を生み出す工房「食房ボッカ」を主宰。著書に『ベジヌードル』(主婦と生活社)、『天板1枚で!毎日のオーブンおかず』(河出書房新社)、『女子飲みの友 スパイスおつまみ』(講談社)、『パンのおかず50』(実業之日本社)など。
http://murayamayukiko.com