料理家 村山 由紀子さん

“ごちそう疲れ” に優しい蒸し料理 <全3回>

素材のおいしさを引き出すシンプルレシピが評判の村山由紀子さんによる連載。1 月のテーマは「蒸し料理」。お正月に新年会と満腹な日々が続いて、ちょっぴりごちそう疲れ…。そんな時は、見た目も味も優しくヘルシーで、体も温まる蒸し料理はいかが? 蒸し器がなくても[ホームバーベキュー]があれば大丈夫。食材を入れてふたをしめれば、蒸気がしっとりおいしく仕上げてくれます。

きんかんと黒糖の蒸しパン

蒸気の中でふんわりふくらむ蒸しパンは、どこか懐かしく、ほっとするおいしさ。今回はきんかんと黒糖を使い、自然な甘さとコクのある味に。[ホームバーベキュー]のツマミを[3]にして、強火でしっかり蒸すとおいしくふくらみ、もちもちの食感になります。おばあちゃんの優しさを思い出すような蒸しパン、生地は発酵いらず、短時間で作れるので、朝ごはんやおやつにぴったりです。

マドレーヌ用カップ8~10個分

材料

分量

下準備

1個
 
黒糖
70g
 
きんかん
120g
3個は皮ごと輪切り(飾り用)、残りは皮ごとくし型切り(生地用)。どちらも種を取り除く
牛乳
70ml 
 
無塩バター
20g
 
【A】薄力粉
100g
 
【A】ベーキングパウダー
小さじ2
 
【A】ベーキングソーダ
小さじ1
 
マドレーヌ用カップ
8~10個
 
作り方
手順1
材料を準備する。
手順2
牛乳とバターをボウルに入れ、湯せんにかけてバターを溶かす。
手順3
【A】の粉類は合わせて、ふるっておく。
手順4
ボウルに卵を割り入れ、泡立て器で溶きほぐす。
手順5
黒糖を加えて混ぜ合わせる。
手順6
②を加えて、さらに混ぜ合わせる。
手順7
③を加え、泡立て器で手早く、粉っぽさがなくなるまでさっくりと切るように混ぜ合わせる。
手順8
くし型切りにしたきんかんを加え、ゴムべらで混ぜ合わせる。
手順9
[ホームバーベキュー]に[セラミックスチーム深鍋]をセットし、1ℓの水(分量外)を入れ、[蒸しプレート]をのせる。フタをし、ツマミを[3]にして、蒸気が上がるまで加熱する。
手順10
[ホームバーベキュー]を加熱している間に、マドレーヌ用カップにスプーンで⑧の生地を分け入れる。
手順11
飾り用のきんかんをトッピングする。
手順12
[蒸しプレート]の上にフライ返しなどを使って⑪を並べる(蒸気で火傷をしないように注意)。
手順13
フタをし、ツマミを[3]にして15分蒸す。
手順14
竹串を刺して、生地がついてこなかったらできあがり。生地がついてくるときは、さらに蒸す。

村山由紀子’S POINT

  • 生地に混ぜ込んだきんかんは蒸している間にやわらかくなり、ジャムのようなねっとりとした食感になります。
  • 蒸しパンは、当日中にお召し上がりください。
Profile
村山 由紀子(むらやま ゆきこ)
料理家

素材の持つおいしさを引き立てるシンプルな料理を得意とする。料理撮影、ケータリング、出張料理、料理ワークショップなど、さまざまな食を生み出す工房「食房ボッカ」を主宰。著書に『ベジヌードル』(主婦と生活社)、『天板1枚で!毎日のオーブンおかず』(河出書房新社)、『女子飲みの友 スパイスおつまみ』(講談社)、『パンのおかず50』(実業之日本社)など。
http://murayamayukiko.com

Photo_sono(bean)  Direction_Mio Fujimoto(Winner’s) Text_Ako Matsuda