料理家 村山 由紀子さん

“ごちそう疲れ” に優しい蒸し料理 <全3回>

素材のおいしさを引き出すシンプルレシピが評判の村山由紀子さんによる連載。1 月のテーマは「蒸し料理」。お正月に新年会と満腹な日々が続いて、ちょっぴりごちそう疲れ…。そんな時は、見た目も味も優しくヘルシーで、体も温まる蒸し料理はいかが? 蒸し器がなくても[ホームバーベキュー]があれば大丈夫。食材を入れてふたをしめれば、蒸気がしっとりおいしく仕上げてくれます。

ほたてとゆり根のおこわ

もっちもちのおいしいおこわも、[ホームバーベキュー]なら失敗なし。今回はホタテとゆり根を合わせて、冬らしい真っ白なひと品に三つ葉を散らします。うまみのもとはホタテ。蒸している間にだしがご飯にしみて、ぐっとおいしくなります。村山さんの余ったおこわの食べ方も必見。詳しくはPOINTをチェック!

3~4人分

材料

分量

下準備

もち米
2合
 
ほたて貝柱(生)
100g
手で小さく割く
ゆり根
1個
 
みつ葉
30g(10本程度)
3cm長さに切る
笹の葉
3~4枚
 
少々
 
作り方
手順1
材料を準備する。
手順2
もち米は洗い、3時間~ひと晩、水に浸けておく。ざるにあげて水をきる。
手順3
ゆり根はりん片を1枚ずつはがし、水洗いする。茶色くなっている部分があれば包丁で薄く削る。芯は取り除く。
手順4
[ホームバーベキュー]本体に[セラミックスチーム深鍋]をセットする。1ℓ程度の水(分量外)を入れてフタをし、ツマミを[3]にして、蒸気が上がるまで加熱する。
手順5
[蒸しプレート]に笹の葉を敷き、もち米を均一に広げる(笹の葉を敷くことで、もち米が[蒸しプレート]の穴から落ちない)。
手順6
もち米の上にほたて貝柱をのせ、[蒸しプレート]を④にセットする(本体が熱くなっているので注意)。
手順7
フタをし、ツマミを[3]のままで30分ほど蒸す。
手順8
いったんフタを外し、ゆり根を散らす。
手順9
再びフタをして、5分蒸す。
手順10
器に取り分け、三つ葉を散らす。好みで塩をふっていただく。

村山由紀子’S POINT

  • 一度に食べきらない場合は、おこわを笹の葉ごとくるんだ上からラップをし、冷蔵保存します。食べる時にラップを外し、笹の葉ごと、[蒸しプレート]をセットした[ホームバーベキュー]で蒸し直せば、電子レンジで温め直すよりもやわらかく、おいしくいただけます。
Profile
村山 由紀子(むらやま ゆきこ)
料理家

素材の持つおいしさを引き立てるシンプルな料理を得意とする。料理撮影、ケータリング、出張料理、料理ワークショップなど、さまざまな食を生み出す工房「食房ボッカ」を主宰。著書に『ベジヌードル』(主婦と生活社)、『天板1枚で!毎日のオーブンおかず』(河出書房新社)、『女子飲みの友 スパイスおつまみ』(講談社)、『パンのおかず50』(実業之日本社)など。
http://murayamayukiko.com

Photo_sono(bean)  Direction_Mio Fujimoto(Winner’s) Text_Ako Matsuda