料理家 村山 由紀子さん

パーティーが楽しくなるメニュー <全4回>

素材のおいしさを引き出すシンプルレシピが評判の村山由紀子さんによる連載。12 月のテーマは「パーティー」。クリスマスや忘年会など楽しい宴が多い今月、気軽に作れて、おしゃれにパーティーを楽しめる褒められレシピをご紹介。家族や友達と、時には一緒に作りながら食べて飲んで、1 年最後の月をハッピーに盛り上げて!

〈2〉よりどりホットサンドパーティー

好きなものを、好きなように食べられる。これほどテンションが上がるものはなし。そんな手巻き寿司感覚の、ホットサンドパーティーはいかが? 好きな具をパンにはさんで[プレスサンドメーカー キルト]で焼けば、外はかりっかり、中はふわふわ。キルト模様の焼き目も食欲をそそり、見た目もGOOD! 決して派手な料理ではないけれど、満足度はマックスです。今回作る具は、デリの定番・ラペとディップ。それをハームやチーズと組み合わせて♪ サンドに使うパンは、食パンやイングリッシュマフィン。サンドだけでなく、トーストしたバゲットに具をのせるのもおすすめです! 作り方では、おすすめのパンと具の組み合わせも紹介しているのでぜひ参考にしてください。

3~4人分

材料

分量

下準備

【にんじんラペの材料】
 
にんじん
1本
千切り
小さじ
1/2弱
白ワインビネガー
小さじ1
 
オリーブオイル
20ml
 
ディル(あれば)
少々
適当な大きさにちぎる
【紫キャベツのサラダの材料】
 
紫キャベツ
1/4個
千切り
小さじ1
 
オリーブオイル
20ml
 
キャラウェイ(あれば)
少々
 
【かにディップの材料】
 
かにの身
60g
ほぐす。缶詰でもOK
マヨネーズ
40g
 
ケチャップ
40g
 
チリパウダー
好みで
 
【ツナディップの材料】
 
ツナ(ノンオイル)
30g
水気をよくきる
マヨネーズ
80g
 
ピクルス
10g
みじん切り
粒マスタード
15g
 
【その他の具】
 
ロースハム
約80g
サンドしやすい大きさに切る
アボカド
1個
種と皮をとって、5mm厚さに切る
クリームチーズ
約60g
 
チェダーチーズ
約60g
スライスし、サンドしやすい大きさに切る
セミドライトマトのオイル漬け
適量
市販のもの
【サンドに使用するパン】
適量
食パン(8枚切りor6枚切り)、イングリッシュマフィン、バゲットなど
作り方
手順1
【にんじんラペの材料】を準備する。
手順2
にんじんに塩をふり、軽く混ぜ合わせた後、残りの材料を加えて、さっと混ぜ合わせる。
手順3
【紫キャベツのサラダの材料】を準備する。
手順4
紫キャベツに塩をふり、軽く混ぜ合わせた後、残りの材料を加え、さっと混ぜ合わせる。
手順5
【かにディップの材料】を準備する。
手順6
すべての材料を混ぜ合わせる。
手順7
【ツナディップの材料】を準備する。
手順8
すべての材料を混ぜ合わせる。
手順9
【その他の具】を準備する。
手順10
【おすすめの具の組み合わせ/A】 食パン + アボカド + かにディップ(❻)
手順11
食パンのホットサンドの焼き方 [プレスサンドメーカー キルト]の電源を入れ、予熱を開始する。予熱が完了したら具をのせた食パンを入れ、その上にもう1枚の食パンを重ねる。
手順12
上のパンがずれないように軽く手で押さえながら本体カバーを閉じる。
手順13
パンの表面に焼き目がつくまで2分半~3分ほど焼く。
手順14
サンドを取り出し、好みの大きさに切ってできあがり。
手順15
【おすすめの具の組み合わせ/B】 食パン + にんじんラペ(❷)+ ロースハム + クリームチーズ
手順16
手順⓫~⓭と同様に焼き、好みの大きさに切ってできあがり。
手順17
【おすすめの具の組み合わせ/C】 イングリッシュマフィン + クリームチーズ + 紫キャベツのサラダ(❹)
手順18
イングリッシュマフィンのホットサンドの焼き方 [プレスサンドメーカー キルト]の電源を入れ、予熱を開始する。予熱が完了したら具をのせたイングリッシュマフィンを入れ、その上にもう1枚を重ねる。
手順19
本体カバーを閉じる。
手順20
イングリッシュマフィンの表面に焼き目がつくまで2分半~3分ほど焼く。
手順21
サンドを取り出し、好みの大きさに切ってできあがり。
手順22
バゲットの焼き方 [プレスサンドメーカー キルト]の電源を入れ、予熱を開始する。予熱が完了したら3cmの厚さに切ったバゲットを入れ2分半~3分ほど焼く。
手順23
焼けたら取り出して好みの具をのせる。
手順24
【おすすめの具の組み合わせ/D】 バゲット + クリームチーズ + セミドライトマトのオイル漬け  バゲット + ツナディップ(❽)+ アボカド

村山由紀子’S POINT

  • サンドした食材はオススメの組み合わせです。好みで自由に組み合わせてください。
  • 具は欲張りすぎるとはみ出てくるので、組み合わせるのは3種類くらいを目安に。
  • セミドライトマトは手作りもできます。その場合は、市販のドライトマトを湯で戻し、水分をしっかりとふきとった後、にんにくの薄切り、好みのドライハーブ(オレガノなど)とともにオリーブオイルで10分ほどマリネし、細切りにします。

Photo_sono(bean)  Direction_Mio Fujimoto(Winner’s) Text_Ako Matsuda