料理家 村山 由紀子さん

シメから決める鍋料理 <全5回>

素材のおいしさを引き出すシンプルレシピが評判の村山由紀子さんによる連載。11 月のテーマは「シメから決める鍋料理」。[ホームバーベキュー]や[ポットデュオ フェット]を使った鍋レシピは、あえてだしをとらず、調理しながらおいしさを引き出していきます。スープに合わせてシメのバリエーションもいろいろ。体の芯からあったまる鍋料理、鍋底が見えるまで、とことん味わいつくして!

〈4〉えびと野菜のトマト鍋

トマトの酸味と甘みで、大人も子どももおいしくいただける洋風鍋。最初に[ホームバーベキュー]でしっかり玉ねぎを炒めておくと、おいしいコクが出ます。シメはご飯でリゾットに。えびや野菜のおいしさがしみたスープが残ったら、翌日、ご飯にかけたり、パスターソースに使ってもおいしい! 誰か来る日にもぴったりなおしゃれ鍋です。

3~4人分

材料

分量

下準備

【鍋の材料】
 
有頭えび
8尾(約300g)
背わたを取る   
玉ねぎ
1個
みじん切り 
【A】しめじ
1パック
株元を切り落とし、手でほぐす
【A】かぶ
2~3個
皮をむいてくし切り
【A】ブロッコリー
1/2株
食べやすい大きさに切り分ける
【A】カリフラワー
1/2株
食べやすい大きさに切り分ける
おろしにんにく
小さじ1/2
 
白ワイン
100ml 
 
トマトペースト
50g
 
大さじ1/2
 
オリーブオイル
大さじ2
 
ミックスハーブ
好みで適量
「エルブ・ド・プロバンス」などがオススメ
チリパウダー
好みで適量
 
【シメの具】
 
ご飯
200g
 
粉チーズ
適量
パルミジャーノ・レッジャーノがオススメ
作り方
手順1
材料を用意する(鍋の材料)。
手順2
材料を用意する(鍋の材料)。
手順3
材料を用意する(シメの具)。
手順4
[ホームバーベキュー]に[セラミックスチーム深鍋]をセットし、オリーブオイルと玉ねぎを入れる。ツマミを[2]にし、玉ねぎがきつね色になるまで炒める。
手順5
おろしにんにくを加え、1~2分炒めたら、有頭えびを入れ、殻が赤くなるまで炒める。白ワインを加え、アルコールが飛ぶまで2~3分加熱する。
手順6
トマトペーストを加えて混ぜ、全体になじませる。【A】の野菜を加え、ひたるくらいの水(分量外)と塩を加える。この時、好みでミックスハーブやチリパウダーを加える。
手順7
ツマミを[3]にしてひと煮立ちさせ、フタをして3分ほど煮込む。
手順8
具に火が通ったら、スープの味をみて、塩(分量外)で味を調える。器に盛り、好みで粉チーズをかけていただく。
手順9
鍋を楽しんだら、残りのスープでシメる。ご飯を❽に入れて煮込み、リゾットにする。器に盛り、粉チーズをかけていただく。

村山由紀子’S POINT

  • 野菜はお好きなものを入れてください。
  • ミックスハーブの代わりに、カレー粉や好きなスパイスを入れると、味のバリエーションも広がります。
Profile
村山 由紀子(むらやま ゆきこ)
料理家

素材の持つおいしさを引き立てるシンプルな料理を得意とする。料理撮影、ケータリング、出張料理、料理ワークショップなど、さまざまな食を生み出す工房「食房ボッカ」を主宰。著書に『ベジヌードル』(主婦と生活社)、『天板1枚で!毎日のオーブンおかず』(河出書房新社)、『女子飲みの友 スパイスおつまみ』(講談社)、『パンのおかず50』(実業之日本社)など。
http://murayamayukiko.com

Photo_sono(bean)  Direction_Mio Fujimoto(Winner’s) Text_Ako Matsuda