料理家 村山 由紀子さん

シメから決める鍋料理 <木曜日更新>

素材のおいしさを引き出すシンプルレシピが評判の村山由紀子さんによる連載。11 月のテーマは「シメから決める鍋料理」。[ホームバーベキュー]や[ポットデュオ フェット]を使った鍋レシピは、あえてだしをとらず、調理しながらおいしさを引き出していきます。スープに合わせてシメのバリエーションもいろいろ。体の芯からあったまる鍋料理、鍋底が見えるまで、とことん味わいつくして!

〈2〉塩豚と白菜の鍋

豚肉は、塩豚にすると余分な水分が抜け、より旨みが増します。この鍋は、[ポットデュオ フェット]に塩豚と水を入れるだけで旨みが出るので、だしをとらなくてもOK。味のアクセントは、ゆずこしょうに加えて「黒こしょう+ごま油」もオススメ。粋な味わいになります。シメは「焼きおにぎり茶漬け」。香ばしい焼きおにぎりにさらりとしたスープをかければ料亭の味! 最後までおいしいオトナ鍋です。

2人分

材料

分量

下準備

【塩豚の材料】
 
豚バラブロック
250g
 
小さじ2
 
【鍋の具材】
 
白菜
1/6個(約200g)
食べやすい大きさにざく切り
小松菜
3茎(約150g)
食べやすい大きさにざく切り  
豆もやし
1/2袋(約100g)
 
【つけだれ、トッピング】
 
【A】
小さじ1/4 
 
【A】黒こしょう
10g
 
【A】ごま油
小さじ2
 
ゆずこしょう
適量
 
【シメの具】
 
白ご飯
320g
4等分(1個約80g)にして、おにぎりにしておく
サラダ油
適量
 
作り方
手順1
材料を用意する(塩豚の材料)。
手順2
材料を用意する(鍋の具材)。
手順3
材料を用意する(つけだれ、トッピング)。
手順4
材料を用意する(シメの具)。
手順5
【塩豚】を作る。豚バラブロック全体に塩をまぶし、全体になじむまでよくすり込む。キッチンペーパーで全体を覆い、さらにラップで包み、冷蔵庫で8時間~2日おく。
手順6
シメの焼きおにぎりを作る。フライパンに薄くサラダ油を塗って中火で熱し、❹おにぎりの表面に焼き色がつくまで焼く。
手順7
❺の【塩豚】を3mm厚さに切る。[ポットデュオ フェット]に[セラミックボウル]をセットし、野菜を入れるスペースを残して塩豚を片側に入れる。水(分量外)をセラミックボウル内側の「MAX」のラインの少し下まで注ぎ、ツマミを[3]にして加熱する。
手順8
沸いてきたら白菜の芯の部分を入れ、2~3分煮る。白菜の葉、小松菜、豆もやしを加え、火が通ったら、つけだれやゆずこしょうをつけていただく。
手順9
お鍋を楽しんだらシメる。焼きおにぎりを器に盛り、鍋のスープをかける。お好みで、つけだれやゆずこしょうをつけていただく。

村山由紀子’S POINT

  • 塩豚は、塩をなじませ、よく熟成させることで旨味が増すので、2日くらい漬けるとよりおいしくなります。
  • 塩豚は作っておくと、煮物や炒め物の具などいろいろ使えます。
Profile
村山 由紀子(むらやま ゆきこ)
料理家

素材の持つおいしさを引き立てるシンプルな料理を得意とする。料理撮影、ケータリング、出張料理、料理ワークショップなど、さまざまな食を生み出す工房「食房ボッカ」を主宰。著書に『ベジヌードル』(主婦と生活社)、『天板1枚で!毎日のオーブンおかず』(河出書房新社)、『女子飲みの友 スパイスおつまみ』(講談社)、『パンのおかず50』(実業之日本社)など。
http://murayamayukiko.com

Photo_sono(bean)  Direction_Mio Fujimoto(Winner’s) Text_Ako Matsuda