料理家 村山 由紀子さん

シメから決める鍋料理 <木曜日更新>

素材のおいしさを引き出すシンプルレシピが評判の村山由紀子さんによる連載。11 月のテーマは「シメから決める鍋料理」。[ホームバーベキュー]や[ポットデュオ フェット]を使った鍋レシピは、あえてだしをとらず、調理しながらおいしさを引き出していきます。スープに合わせてシメのバリエーションもいろいろ。体の芯からあったまる鍋料理、鍋底が見えるまで、とことん味わいつくして!

〈1〉シーフードチゲ鍋

「チゲ」はキムチや肉、魚、豆腐などを煮込む韓国料理の鍋料理。今回はシーフードで作りました。最初に白菜キムチをごま油で炒めておくと、コクと風味が出て魚介の臭いも気になりません。[ホームバーベキュー]は面が広いので炒め調理も楽ちん。旨みがしみたピリ辛味は、クセになるおいしさです。シメはラーメン!濃厚な旨辛スープがからまるラーメンは、おいしすぎて食べ過ぎ注意報! 

3~4人分

材料

分量

下準備

【鍋の具材】
 
あさり
300g
砂抜きをする。または砂抜きしたものを使う  
【A】たらの切り身
約180g
食べやすい大きさに切る
【A】無頭えび(殻付き)
150g
背わたがついていたら取る
【A】たこ
200g
1cm幅のぶつ切り
【A】長ねぎ
2本
1cm幅の斜め切り 
【A】木綿豆腐
1/2丁(約150g)
1cm幅に切る
にら
1束(約100g)
3cm幅のざく切り
3~4個
※好みの個数をご用意ください
【味付けの材料】
 
白菜キムチ
250g
食べやすい大きさに切る
ごま油
大さじ1
 
100ml
 
400ml
 
味噌
50g程度
分量は味噌の種類や塩加減によって好みで調整
おろしにんにく
適量
なくてもOK
【シメの具】
 
ラーメン(中華麺)
適量
 
作り方
手順1
材料を用意する(鍋の具材)。
手順2
材料を用意する(味付けの材料)。
手順3
材料を用意する(シメの具)。ラーメンは少し硬めにゆでておく。
手順4
[ホームバーベキュー]に[セラミックスチーム深鍋]をセットし、ごま油と白菜キムチを入れる。ツマミを[2]にし、2~3分炒める。
手順5
あさりと酒を加える。
手順6
フタをして加熱する。
手順7
あさりが開いたら水を加え、沸騰するまでさらに加熱する。
手順8
味噌とおろしにんにくを加え、へらなどを使ってよく溶かす。
手順9
【A】を加え、火が通るまで5分ほど煮込む。水分が少なくなってきたら、適宜追加する(分量外)。卵を適当な場所に割り入れ、にらを加える。フタをして1~2分煮込んでからいただく。
手順10
鍋を楽しんだら残りのスープでシメる。ラーメンを入れ、温まるまで煮ていただく。

村山由紀子’S POINT

  • シーフードは好みで入れてください。
  • 味噌は好みのものでOK。白味噌を使うとまろやかさが出ます。
  • 卵はシメのラーメンに加えても良いです。お好みでコチュジャンを加えるとコクがアップします。
  • ラーメンはゆで麺を使ってもOK。その場合はゆでずに、鍋で温めてからいただきます。
Profile
村山 由紀子(むらやま ゆきこ)
料理家

素材の持つおいしさを引き立てるシンプルな料理を得意とする。料理撮影、ケータリング、出張料理、料理ワークショップなど、さまざまな食を生み出す工房「食房ボッカ」を主宰。著書に『ベジヌードル』(主婦と生活社)、『天板1枚で!毎日のオーブンおかず』(河出書房新社)、『女子飲みの友 スパイスおつまみ』(講談社)、『パンのおかず50』(実業之日本社)など。
http://murayamayukiko.com

Photo_sono(bean)  Direction_Mio Fujimoto(Winner’s) Text_Ako Matsuda