料理家 村山 由紀子さん

秋を楽しむ手作り絶品スイーツ <全5回>

素材の持つおいしさを引き立てるシンプルな料理を得意とする料理家・村山由紀子さんによるレシピ連載。今月のテーマは自分で作れちゃう絶品スイーツ。秋を楽しむ、とびっきりおいしいスイーツレシピを厳選して教えていただきました。レコルトアイテムがあれば、完成度の高いスイーツが手作りできちゃいます。この秋は、手作りスイーツのおいしさと楽しさを堪能してみませんか♪

〈3〉ちょっとスパイシーなかぼちゃのプリン

甘いかぼちゃはスイーツにもよく使われる食材で、なかでもかぼちゃのケーキやプリンは大人気♡ご紹介するのは、甘さ控えめ&スパイシーで大人な味わいのレシピです。プリンなのにケーキのような、濃厚でしっかりとした食べごたえでありながら、なめらかな口あたり。お茶菓子としても、ワインと一緒にいただいても美味しいプリンです。

15cmのケーキ型1台分

材料

分量

下準備

【かぼちゃプリン】
 
かぼちゃ
300g(正味)
ひとくち大に切り、竹串がスーッと刺さるまで蒸すか電子レンジで加熱しておく。
牛乳
170ml
 
【A】きび砂糖
85g
 
【A】
4個
4個のうち、1個は卵黄のみ(全卵3個+卵黄1個分)
【B】生クリーム
130ml
 
【B】シナモン
小さじ1
 
【B】ナツメグ
小さじ1/2
 
【B】バニラエッセンス
少々
バニラオイル、バニラビーンズ、バニラペーストなどでも可
【カラメルソース】
 
グラニュー糖
100g
 
50ml
 
【トッピング】
 
ホイップクリーム
適量
 
パンプキンシード
適量
 
作り方
手順1
材料を用意する。
手順2
【カラメルソース】を作る。小鍋に水を入れてグラニュー糖をふり入れ、弱火にかけて少し色づいたら鍋ごとゆすりながらカラメル色になるまで加熱する。
手順3
写真の状態になったら火からおろす。
手順4
型に流し込む。
手順5
[ハンディブレンダー スリム プラス]の[カップ]に下ごしらえしたかぼちゃと牛乳を入れて[ブレンダー]でかぼちゃを潰すようにしながら撹拌する。
手順6
写真の状態になったらOK。
手順7
❺に【A】を加えてなめらかになるまで撹拌する。
手順8
写真の状態になったらOK。
手順9
さらに【B】を加えて全体が混ざるまで撹拌する。
手順10
湯せん用の湯を沸かし、オーブンを160℃に温めておく。
手順11
❹の型をオーブンの天板にのせ、❾を流し入れる。
手順12
沸騰したお湯を天板の8分目まで注ぎ入れ、湯せんした状態で1時間蒸し焼きにする。
手順13
焼きあがったら取り出して粗熱をとり、冷蔵庫でひと晩冷やす。
手順14
型のサイドにナイフを入れ、型から抜く。
手順15
ホイップクリームとパンプキンシードをトッピングする。

村山由紀子’S POINT

  • 湯せんしながら焼くことで、やさしく火がまわり、すがはいるのを防ぎます。
  • 湯せんする為、ケーキ型は底が抜けないタイプの型を使用してください。
  • カラメルソースで使う『水』を『ラム酒』に置き換えて作ると大人風味のカボチャプリンになります。
  • 出来上がったプリンが型から外れにくい場合は、型の底を少し湯煎にかけるとカラメルが溶けて外れやすくなります。
Profile
村山 由紀子(むらやま ゆきこ)
料理家

素材の持つおいしさを引き立てるシンプルな料理を得意とする。料理撮影、ケータリング、出張料理、料理ワークショップなど、さまざまな食を生み出す工房「食房ボッカ」を主宰。著書に『ベジヌードル』(主婦と生活社)、『天板1枚で!毎日のオーブンおかず』(河出書房新社)、『女子飲みの友 スパイスおつまみ』(講談社)、『パンのおかず50』(実業之日本社)など。
http://murayamayukiko.com

Photo_sono(bean)  Direction_Mio Fujimoto(Winner’s)