料理家 村山 由紀子さん

秋を楽しむ手作り絶品スイーツ <火曜日更新>

素材の持つおいしさを引き立てるシンプルな料理を得意とする料理家・村山由紀子さんによるレシピ連載。今月のテーマは自分で作れちゃう絶品スイーツ。秋を楽しむ、とびっきりおいしいスイーツレシピを厳選して教えていただきました。レコルトアイテムがあれば、完成度の高いスイーツが手作りできちゃいます。この秋は、手作りスイーツのおいしさと楽しさを堪能してみませんか♪

〈2〉あんバタースコーン

秋になると食べたくなる、甘~いあんこのおやつ。和菓子としていただくことが多いあんこを、手作りスコーンのトッピングにしてバターと絡めながらいただきます♪少ない材料でパッと作れる手軽さが魅力のスコーンは、カプセルカッターキャトルがあればより簡単!冷凍保存もできるので、少し多めに作っておいてもいいですね。プレーンがうまく焼けるようになったら、いろんなアレンジもお楽しみくださいね。

直径6cmのスコーン型×4個分

材料

分量

下準備

【スコーン生地】
 
【A】薄力粉
125g
 
【A】きび砂糖
20g
 
【A】
1.5g
 
【A】ベーキングパウダー
1g
 
【A】ベーキングソーダー
1.5g
 
バター
35g
1cmほどの角切りにする
ヨーグルト
60g
 
【トッピング】
 
つぶあん(市販品)
適量
 
バター
適量
 
メープルシロップ
適量
 
作り方
手順1
材料を用意する。バターは1cmほどの角切りにする。
手順2
【A】の材料をカプセルカッターキャトルに入れ、数回パルスプッシュ してふるう。
手順3
❷にバターを加える。
手順4
パウダー状になるまで撹拌する。
手順5
❹にヨーグルトを加える。
手順6
数回パルスプッシュし、全体を混ぜ合わせる。写真の状態になったら OK。
手順7
ラップを広げ、❻の生地を取り出す。
手順8
ラップで包み、厚さ2cmほどの大きさに整える。
手順9
多少まだらでボコボコしていてもOK。冷蔵庫で1時間ほど休ませる。
手順10
オーブンを180℃に予熱しておく。天板にオーブンペーパーをしく。
手順11
❾を冷蔵庫から取り出し、型で抜いて予熱したオーブンで15分焼く。
手順12
粗熱がとれたら、つぶあん、バター、メープルシロップを添えて一緒に いただく。

村山由紀子’S POINT

  • 手順❻で、生地を混ぜすぎると硬いスコーンになってしまうので注意してください。混ざり具合は写真の状態が目安です。
  • 生地を型で抜くときにベタつく場合は打ち粉(強力粉)を使ってください。
  • 型を抜いて残った生地は、小さく丸めて一緒に焼きましょう。
  • 食べきれないときはひとつずつラップに包んで保存袋などに入れて冷凍しましょう。約1ヶ月くらい保存可能。
  • 冷凍スコーンを食べるときは、自然解凍または電子レンジで解凍(200wで30秒ほど)してからオーブントースターで2~3分焼くとおいしくいただけます。(焦げそうなときはアルミホイルをかぶせましょう)
Profile
村山 由紀子(むらやま ゆきこ)
料理家

素材の持つおいしさを引き立てるシンプルな料理を得意とする。料理撮影、ケータリング、出張料理、料理ワークショップなど、さまざまな食を生み出す工房「食房ボッカ」を主宰。著書に『ベジヌードル』(主婦と生活社)、『天板1枚で!毎日のオーブンおかず』(河出書房新社)、『女子飲みの友 スパイスおつまみ』(講談社)、『パンのおかず50』(実業之日本社)など。
http://murayamayukiko.com

Photo_sono(bean)  Direction_Mio Fujimoto(Winner’s)