フードコーディネーター/料理家 こてら みやさん

夏のスパイシー常備菜 <全5回>

自家製びん詰めや常備菜作りをこよなく愛するフードコーディネーター/料理家のこてら みやさんに、レコルトアイテムで作る常備菜をご紹介いただく連載。マリネ、ペースト、スープなど、スパイスや香味野菜をきかせた暑い季節にぴったりのレシピを、おすすめの食べ方や保存テクニックとともにご紹介します。

〈5〉ダルスープ

「ダル」は豆という意味で、この「ダルスープ」はインドやネパールの家庭に欠かせないお料理。日本のお味噌汁のような“家庭の味”があるそうです。ご紹介するレシピは「ムングダル(緑豆の挽き割り)」を使い、プチプチとした食感のマスタードシードをはじめ、4つのスパイスと4種の野菜をじっくり炒めて作ります。豆と野菜から引き出したやさしい甘みの中にスパイスが香り、辛みはほんの少し。ムングダルは栄養満点で、消化がよいのもうれしいスープです。暑い日は冷たいものについ手がのびてしまいがちですが、温かいダルスープで胃腸をあたためてあげましょう。

作りやすい分量(およそ3~4食分)

材料

分量

下準備

ムングダル(緑豆の挽き割り)
200g
 
パクチー
1株
葉と茎(根)に分け、それぞれざく切りにする
玉ねぎ
1/2個
ざく切りにする
にんにく
1かけ
ざく切りにする
トマト
小1個
ざく切りにする
オリーブオイル
大さじ3
 
【A】マスタードシード
小さじ1/2
 
【A】クミンシード
小さじ1と1/2
 
【B】カイエンヌペッパー
小さじ1/4
 
【B】ターメリック
小さじ1/2
 
適量
 
作り方
手順1
材料を準備する。
手順2
ムングダルは水で2~3回ゆすいでから鍋に入れ、豆の4倍量(800ml )の水から手でつぶせるぐらいまで茹でる。
手順3
[ハンディブレンダー スリム]に[ブレンダー]をセットし、❷の鍋に 入れて[高速]でペースト状になるまですりつぶしておく。
手順4
[カプセルカッター キャトル]のカップにパクチーの茎(根)、玉ねぎ 、にんにくを入れ、連続プッシュで撹拌する。
手順5
みじん切りになったら取り出す。
手順6
カップにトマトを入れる。
手順7
パルスプッシュで撹拌して粗めのみじん切りにする。
手順8
鍋にオリーブオイルと【A】を入れてフタをして弱火にかける。マスタ ードシードを油の中で加熱すると、跳ねることがあるので、必ずフタ をする。
手順9
マスタードシードがパチパチはじける音が鳴り終わったらフタを取り 、❺の野菜を入れて弱火で炒める。
手順10
玉ねぎに透明感が出てきたら、【B】を加えて軽く炒める。
手順11
❼のトマトを加える。
手順12
トマトの水分が飛んで油がしみ出してくるまでじっくり炒める。
手順13
❸を加える。
手順14
全体を混ぜ合わせる。
手順15
塩で味を調える。
手順16
器によそい、パクチーの葉を散らす。
手順17
保存する場合は、密閉できるフードシーラーが便利。1食分ずつ小分 けにして冷凍し、食べるときは湯せんで解凍する。

こてら みや’S POINT

  • フードシーラーで密封後、冷凍で2ヶ月 ほど保存できます。
  • 手順❹で使うパクチーは香りの強い根もみじん切りにします。
  • マスタードシードは、はじけないと苦みが残って香りが出ません。じっくり加熱してきちんとはじけさせましょう。
  • 手順⓬で写真のように油がしみ出してくるまで炒めるのがコツ。ここまでじっくり炒めることで、トマトの青くささや水分が飛 び、甘みと旨味がギュッと凝縮されます。
  • レシピ通りに作ると、ポテッとした濃厚な仕上がりです。サラッとさせたい時は手順⓯で水を加え、お好みのかたさに調節し てから塩で調味してください。
Profile
こてら みや(こてら みや)
フードコーディネーター/料理家

京都・祇園生まれで子どもの頃より京料理やおばんざいに接して育つ。料理制作、スタイリング等、食の総合的なコーディネーターとして活動。特にスパイスや香味野菜など「香り」をいかした料理に定評がある。著書『365日、おいしい手作り!「魔法のびん詰め」』『春夏秋冬の魔法のびん詰め」ともに(三笠書房)、『今日はごちそう!こてらみやのしあわせ週末ごはん』(ワニブックス)、『ひとり分からできる 作りおき上手のやりくりレシピ12か月』(家の光協会)など。

ブログ「オサルノビタミン」
Instagram @osarumonkey

Photo_Yansu Kim  Direction_Mio Fujimoto(Winner’s)