料理家 村山 由紀子さん

POT DUO fêteのふたりごはん <全5回>

素材の持つおいしさを引き立てるシンプルな料理を得意とする料理家・村山由紀子さんによるレシピ連載。四季を楽しむお料理をレコルトアイテムで作っていただきます。8月のテーマは[ポットデュオ フェット]で作るふたりごはん。夏を楽しむメニューをご紹介します。

〈5〉たことトマトのリゾット

たこの旨みと食感を楽しむ、ふんわり可愛らしいピンク色のリゾット。フレッシュなトマトとバジルを合わせることでさわやかな風味に仕上がります。このリゾットはお米の煮え具合を確認しながら、水を少しずつ加えて加熱するのがポイント。ちょっと面倒な作業だけど[ポットデュオ フェット]なら香りを楽しみながらテーブルで仕上げられます。白ワインと一緒に楽しみたいメニュー♪

2人分

材料

分量

下準備

ゆでだこ(足)
150g
3mmミリ厚さの輪切りにする
トマト
1個
 
1合
洗わない
バジルの葉
6枚
細かくちぎる
玉ねぎ
1/4個
みじん切り
にんにく(すりおろし)
少々
 
粉チーズ
30g
 
オリーブオイル
大さじ1
 
白ワイン
大さじ2
 
小さじ1/2
 
200ml~
 
オリーブオイル(仕上げ用)
適量
 
作り方
手順1
材料を準備する。
手順2
[ポットデュオ フェット]にセラミックボウルをセットして水500ml(分量外)を入れ、ツマミを[3]にして沸かす。沸騰したらトマトを入れて2〜3秒ほどサッと茹で、すぐに氷水に移して皮をむく。横半分に切って種を取り除いて1cm角に切る。
手順3
[ポットデュオ フェット]にグリルプレートをセットして玉ねぎ、にんにく、オリーブオイルを入れ、ツマミ[2]で玉ねぎが透明になるまで炒める。
手順4
米を入れて全体を混ぜ合わせながら炒める。
手順5
たこと白ワインを加えて全体を混ぜ合わせたら塩と水を加え、ツマミを[3]にして加熱する。沸騰したらツマミを[1]にして20分ほど加熱する。
手順6
途中で数回、全体をやさしくかき混ぜる。水分がなくなってきたら水を30mlずつ加え、どろっとした状態を保ちながら加熱し続ける。
手順7
粉チーズを加え、全体を混ぜ合わせたら、ツマミをOFFにして、❷のトマトを加えて混ぜる。
手順8
バジルの葉を飾り、皿によそってオリーブオイル(仕上げ用)をまわしかける。

村山 由紀子’S POINT

  • トマトは種を取り除くことでリゾットが水っぽくなるのを防ぎます。フレッシュな状態でいただくのがポイントなので、加熱しすぎないよう注意してください。
  • 粉チーズはパルミジャーノ・レッジャーノがおすすめです。
Profile
村山 由紀子(むらやま ゆきこ)
料理家

素材の持つおいしさを引き立てるシンプルな料理を得意とする。料理撮影、ケータリング、出張料理、料理ワークショップなど、さまざまな食を生み出す工房「食房ボッカ」を主宰。著書に『ベジヌードル』(主婦と生活社)、『天板1枚で!毎日のオーブンおかず』(河出書房新社)、『女子飲みの友 スパイスおつまみ』(講談社)、『パンのおかず50』(実業之日本社)など。
http://murayamayukiko.com

Photo_sono(bean)  Direction_Mio Fujimoto(Winner’s)