料理家 村山 由紀子さん

POT DUO fêteのふたりごはん <全5回>

素材の持つおいしさを引き立てるシンプルな料理を得意とする料理家・村山由紀子さんによるレシピ連載。四季を楽しむお料理をレコルトアイテムで作っていただきます。8月のテーマは[ポットデュオ フェット]で作るふたりごはん。夏を楽しむメニューをご紹介します。

〈2〉カレー風味のブイヤベース

「ブイヤベース」は、魚介と香味野菜やトマト、ハーブを煮込んだ南フランスの定番料理。海鮮の濃厚な旨味が溶け出たスープにスパイシーなカレーの香りを加えて、夏仕様に仕上げます。材料の下ごしらえさえ済ませれば、あとは[ポットデュオ フェット]で材料を炒めて煮込むだけ!簡単なのにテーブルが豪華に見えるので、ふだんの晩ごはんはもちろん、ちょっとしたおもてなしにも重宝します。

2人分

材料

分量

下準備

あさり
150g
砂抜きをする
有頭えび(殻付き)
120g(4尾ほど)
殻の節の間から竹串を刺して背わたを引き抜く
白身魚の切り身(たら、すずきなど)
100g
食べやすい大きさに切る
玉ねぎ
1個
みじん切り
にんにく
1/2かけ
みじん切り
オリーブオイル
大さじ2
 
白ワイン
30ml
 
【A】カレー粉
小さじ1
 
【A】トマトペースト
40g
 
【A】
小さじ1/2〜
 
【A】エルブドプロバンス
少々(お好みで)
 
【A】
200ml
 
作り方
手順1
材料を準備する。
手順2
[ポットデュオ フェット]にセラミックボウルをセットしてオリーブオイルをひく。
手順3
玉ねぎ、にんにくを入れ、ツマミを[2]にして玉ねぎがきつね色になるまで20分ほど炒める。
手順4
ツマミを[3]にして、あさり、えびを加え、えびの殻が赤くなるまで2分ほど炒める。
手順5
白ワインを入れ、1分ほど加熱してアルコールを飛ばす。
手順6
【A】を入れ、沸騰したら白身魚を入れる。
手順7
ツマミを[2]にして2〜3分加熱する。

村山 由紀子’S POINT

  • 玉ねぎはきつね色になるまでじっくり炒めるのがポイントです。香りと甘みが引き出され、スープの味に深みが出ます。
  • あさりとえびはどちらも殻つきがおすすめ。殻からスープに〝だし〟が溶け出て旨味たっぷりに仕上がり、見た目も豪華です。
Profile
村山 由紀子(むらやま ゆきこ)
料理家

素材の持つおいしさを引き立てるシンプルな料理を得意とする。料理撮影、ケータリング、出張料理、料理ワークショップなど、さまざまな食を生み出す工房「食房ボッカ」を主宰。著書に『ベジヌードル』(主婦と生活社)、『天板1枚で!毎日のオーブンおかず』(河出書房新社)、『女子飲みの友 スパイスおつまみ』(講談社)、『パンのおかず50』(実業之日本社)など。
http://murayamayukiko.com

Photo_sono(bean)  Direction_Mio Fujimoto(Winner’s)