レコルトを愉しむためのヒントが詰まった「EATips(イーティップス)」

Fun Way

話題のイベントや食材、季節などをテーマに
「食のプロ」とレコルトがコラボして
「おいしい!」をつくり、
楽しむ場所「FUN WAY」。
これならできる!真似してみたい!
と思えるようなアイデアやコツが見つかる
場所づくりを目指します。

第3回目のFUN WAYは、第1回目で女子会メニューを提案してくださったフードコーディネーター・管理栄養士の美才治真澄さんに、[Home BBQ(ホームバーベキュー)]で、ママ友&子どもたちが一緒に楽しめる「プチホームパーティー」メニューを提案していただきました!

大人も子どもも大喜び♡
目にも楽しい「プチホームパーティー」


フードコーディネーター/管理栄養士 
美才治 真澄

「ご家族にも大好評のホームバーベキュー」

「毎日のごはんが楽しくなった!」「洗えるって最高!」と嬉しい声がぞくぞくと寄せられる[ホームバーベキュー]。バーベキュープレートで焼き肉やグリル料理を楽しまれている方が多いようです!そんななか、お子さんがいらっしゃるママさんから「ホームバーベキューで、ママ友&子どもたちとプチホームパーティーがしたいからランチにおすすめのメニューを教えてほしい!」という楽しそうなリクエストが届きました。ふだんからみんなで集まってランチを食べることも多いというママさんたち。美才治さん、盛り上がるメニューの提案をお願いします!

「ホームバーベキューのプレートは全部で5種類」

[ホームバーベキュー]のプレートはオプションも含めると全部で5種類(「たこ焼きプレート」は2017年5月中旬発売予定です)。プレートを換えれば「焼く、蒸す、煮る」などの料理がテーブルで楽しめます。今回は、美才治さんが4つのプレートを使ったメニューを考えてくれました。どんな料理になるのか楽しみです♪

「子どもゴコロをぎゅっ♡」

今回の企画に参加してくれるお子さんの誕生日が近いということで、まずはお部屋に飾り付けをすることになりました。子どもたちが幼稚園や小学校に行っている間におじゃまして、お菓子やガーランドでウォールデコレーション♪「今日のMENU」も黒板に書き込んで準備完了です。「いつもと違う雰囲気になって、子どもたち喜ぶだろうな〜♡」とひと足先にママたちが大喜び(笑)。帰ってきた子どもたちも予想以上の反応を見せてくれました!子どもたちが、目あたらしい大きな黒板にダイナミックなラクガキ(笑)をして遊んでるうちに、ママたちは美才治さんと料理の準備にとりかかります。

「キレイな色の蒸し野菜」

まずはセラミックスチーム深鍋で作る「蒸し野菜」から。『[ホームバーベキュー]はフタに高さがあるのがいい』と美才治さん。『このフタの高さのおかげでたっぷりな量でもしっかりスチームできます。みずみずしくておいしい、栄養たっぷりの蒸し野菜は子どもに食べさせたい料理のひとつ。見た目も工夫したいですよね。なるべく彩りのいい野菜でカラフルにして、素材ごとに切り方を変えると“野菜は苦手〜っ”ていうお子さんもこの見た目に惹かれてきっと手を伸ばしてくれるはずです』

「絵の具のパレットみたい♡」

野菜が蒸しあがったところで『実はもうひと工夫あるんですよ』とプレートをチェンジ。『少しずついろいろな味を楽しみたいときには「バラエティプレート」がぴったりです』といろんな色のソースを6個のポケットに入れます。本来はオイルをたっぷり使うものが多いバーニャカウダソースを生クリームに代えることで、軽い味わいになり、フレーバーのアレンジもしやすいんだそうです。子ども用にトマトペーストとカレーを、大人用にはイタリアンパセリとくるみをプラスします。「わー!絵の具みたーい!」と子どもたちがお絵かきをやめてのぞきにきました。たしかに!色の違うソースを入れたバラエティープレートはパレットみたいでテーブルがとっても華やか。野菜をもっと好きになるきっかけになりそうですね!

「子どもの好奇心をくすぐるメニュー」

「子どもって新しいものに目がなくて!すぐ熱中するんですよ、さっきの大きな黒板のお絵かきみたいに」と笑うママに『今日は子どもたちに“料理”をする楽しみも知ってもらいたくて、お手伝いしてもらえるメニューも考えてきたんですよ♪』と美才治さんが用意してくれたのはスティック状の…?

「おいなりさんだ!ぼく大好き!」

『当たりです!おいなりさんです。子どもたちは焼きおにぎりが好きなので、普通の三角おにぎりの他に、おいなりさんと生ハムの“スティックおにぎり”も用意してみました。焼くと香ばしくなっておいしいから「バーベキュープレート」で焼いてみて』とプレートにのせると、お兄ちゃんがコロコロ転がして上手に焼き目をつけてくれました。きれいな焼き目がつけられるようにスティックにするというアイデア、イイですね!『こうすると崩れないからお子さんでも焼きやすいんです。前もって準備しておけるからママたちもラクですよね』盛り付けもステキです♡

「お誕生日のケーキをつくろう!」

次に美才治さんが教えてくれたのは、これまた子どもの好奇心をくすぐる、アイデア光るパンケーキの“お誕生日ケーキ”。使うのは「フラットプレート」。『レシピは簡単に、見せ方を変える工夫で盛り上げます!シンプルなパンケーキでも、重ねたり、クリームやスプレーシュガーを飾ったりすれば、豪華なお誕生日ケーキらしくなります。それともうひとつ、今日はちょっとおもしろいことをしましょう。生地を絞り袋に入れれば小さいパンケーキが簡単に焼けるから、ママさん、どんどん焼いてください』

「わたしもやるぅー!」

ママがちっちゃいパンケーキをたくさん焼いているところへ並べられたのはマシュマロやブルーベリー、輪切りにしたいちごやバナナ。どうするのかと思ったら『こんなふうに好きなように刺してみてね♪』と長い串に材料を刺していきます。「ぼくもやりたい!」「わたしもやるぅー!」とノリノリの子どもたち(笑)美才治センセーのお手本を見ながら、パンケーキ、いちご、マシュマロ…と夢中で作ってくれました。好きな順番で刺すだけの簡単BBQパンケーキ。今日も美才治さんのアイデアはとどまるところがありません☆☆☆

「またやりたくなるね!」

「パンケーキも、蒸し野菜やおにぎりも、どれもおなじみのメニューなのに、いつもと全然違いました!」「いろんなプレートがあるから、なんでも楽しめちゃいますね!」「お友達さそってまたやりたいです!」と、次々に飛び出す見たことのないメニューに、子どもたちもママたちも大喜びしてくれました。「これだけいろいろ作っても、[ホームバーベキュー]は本体も洗えるし、後片付けがラクなのもイイところですよね」「実はわたしたちママにとってはそれがいちばん嬉しいところかも」と忙しいママたちの本音も(笑)。みなさんも是非、[ホームバーベキュー]のテーブルクッキングを楽しんでくださいね!

Bon appétit

Recipe & Tips

Crew's Feeling

FUN WAY初の、“お客様”からのリクエストを受けて、スタッフみんなで張り切りまくった第3回目。ふだんから家庭で作るおなじみのメニューを、[ホームバーベキュー]を使ってパーティーメニューに仕上げていく、美才治さんのさすが!なアイデアが散りばめられた回になりました。美才治さんが教えてくれたTipsは、どれもほんのひと手間や、見せ方のひと工夫。がんばりすぎると準備だけでヘトヘトだけど、いつものメニューをこんなに素敵に作れるなんて、これってホームパーティーの最高のカタチじゃないかなと思いました!

Food Creator's Voice

今回のFUN WAYでは、[ホームバーベキュー]なら、“大人も子どもも一緒に楽しむホームパーティー”が簡単に叶うんだな、と実感しました。プレートをサッと変えられるから、これ1台テーブルにセッティングしておけば最初から最後までのメニューを通しで作れるのがとても魅力的。ホームパーティーは、準備の負担をなるべく増やさないのがポイント。料理にバリエーションをつけたいとき、新しい1品を作るのは大変ですから、ベースを作ってそこに何かプラスする(バーニャカウダソース)、形を変える(パンケーキ)という方向で考えるといいと思います。今回のメニューで特に意識したのは、子どもたちが一緒に作れるステップを入れること。おにぎりを焼いたり、パンケーキを刺したり、ほんの少し参加するだけで、子どもたちは飽きずに楽しんでくれて、なによりたくさん食べてくれる気がします。この日のパーティーに参加してくれた女の子が、お母さんに一生懸命説明しながらBBQパンケーキをニコニコ夢中で作っているのを見てうれしくなりました♡私のレシピが、親子の楽しい思い出のお手伝いになれば、料理家冥利に尽きますね!

Profile
美才治 真澄(びさいじ ますみ)
フードコーディネーター/管理栄養士

群馬県生まれ。 大学卒業後、団体職員を経て香川栄養専門学校(女子栄養大学短期大学部)入学。卒業後は(株)ダイエットコミュニケーションズにて荒牧麻子氏に師事し、メディア、企業、広告、学校等へのレシピ提案、栄養指導活動を務める。のちブラジル・バイーアへ料理留学、帰国後ヴィーガンカフェ”Cafe Eight” のフードディレクターとしてケータリング・商品開発の企画運営に携わる。 現在はフリーランスとして、企業、メディアに向けたメニュー提案及び調理&スタイリング、栄養相談、料理教室、オーダーメイドケータリングなどを中心に活動中。 女子栄養大学生涯学習講師。
http://bisaijimasumi.com

Photos_sono(bean)  Direction & Text_Mio Fujimoto(Winner’s)